-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ぐだぐだ、ぐでぐで | main | 『その時ハートは盗まれた』/穂波ゆきね(原作:金丸マキ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『トラ猫のタンゴ』/藤隆(蓮川愛)
なんだか短い著者名が続きましたね。

この作品、黒猫のタンゴみたいな軽いタイトルと
あらすじでぱっとイーブクオフで買ったのですが、
届いた本の表紙を見て驚きました。


これ…本当に蓮川さんの絵?
うーん、12年間(この作品は1996年刊)の間に
オリジナリティを築き上げてきたんだなあ……。
12年も挿絵師として続く=絵柄も時代と
進化しているということですよね。
あんまり得意な絵柄じゃないですが、尊敬です。

それでは以下、タイトルどおり「トラ」が
登場する作品の感想です。



『トラ猫のタンゴ』/藤隆
ムービック (1996/11)
【Amazon】

☆あらすじ
大学生の弥広(やひろ)と和臣(かずおみ)は、
幼馴染みで恋人歴5年の一軒家に同棲中。
大学のために同居しているということになっているが、
同性同士でつきあっている以上にある秘密があった。
それはトラに変身する能力が、和臣に突然芽生えたことだった。
そして、それを知っているのは弥広だけなのだ……。

*   *   *   *   *   *

僕の恋人は黒いネコどころか、2mを超す黄金のトラです。
和臣の変身能力はほぼ制御可能なようで、風邪のときを除き、
自在に変身できるようです。……ってこれが
自然に描写されているってだけで凄いです。

しかし本当に凄いのは、「もとに戻る方法を探そう!」と
いうありがちに展開にならず、不安はありながらも、
和臣も弥広も、そして後編で主人公になる弥広の
お兄ちゃん的存在の獣医も、変身能力をどうこうする方法を
考えるよりも、どうやってこの能力を持ったままで
環境に適するかを優先して考えるとこです。

そりゃどうにもならないことでしょうが、
順応して過ごそうとする彼らが凄いと思いました。
BLだから何でもあり、といっても……順応力高すぎです。

と前半では思っていたのですが、話が進むにつれ、
戻そうとはしない弥広の暗い独占欲が明らかになります。
この独占欲の描写がかなり暗く、今までの平穏さと
差異がある上に、「李徴萌え……!」と思ったひとも
多いだろう人虎変身ものの名作・『山月記』や、
パンドラの箱の知識などを絡めてあったりして、
思わぬところでずっぽりと落とし穴にはまった気分です。

最終的にはカフカの『変身』には陥らず、彼の気持ちは
お互い様ということに落ち着き、ラブラブで終わります。
(虫じゃないですし、戻れるのが大きいところかな?)

なので読後感は悪くないのですが、和臣の変身能力には
全く結論も解決もないので、恋愛の続きとは別の意味で、
彼らのその後がちょっと気にかかります……。


ちなみに後編の獣医は、恋愛関係にあるイトコが、
実は愛犬が変身した姿であるという体験があったためです。
この体験に関してはコメントしづらいのですが、
愛犬に涼○ハルヒ的な能力があったと思えば…いいのか?
これまた不条理すれすれの終わり方が気になりました。


気になったひとが多いのか、それとも人気があったのか、
続編があるようで……うーん、どうしようかな。
もやもやが残らない結末かどうか、知っているかたが
いらしたらお知らせくださいませ。

P.S.
虎状態の和臣と弥広のHシーンは萌えるどころか若干怖い。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 20:47 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:47 | - | - |