-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『その時ハートは盗まれた』/穂波ゆきね(原作:金丸マキ) | main | 時期もの、話題もの、やりたいもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『赫蜥蜴の閨』/沙野風結子(奈良千春)
今日は上司に本を借りました。
その上司も本が好きで、よく本の話をするのですが、
「今何読んでる?」と聞かれるとちょっと困ります。

「赫蜥蜴の閨」です、とは相手が知らずとも言いづらい。
並列して読んでいても優先度はBLが上なので、
つい正直に言ってしまいそうになり、危ないです。

ちなみに今日答えた本は「ショートソング」。
オススメされた一般本ですが、まあ、BLくさいわ…。
感想は書くかもしれないし書かないかもしれません。

話がそれましたが、それでは今日のエロ本(失礼)です。




『赫蜥蜴の閨』/沙野風結子
幻冬舎コミックス (2008/06)
【Amazon】



☆あらすじ
高柳商事大阪支社長の高柳光己(こうき)は、英国人の血が混じる
端麗な容姿に美しい妻…と、誰もが羨む人生を歩んでいる。
しかし、会社のために自分を利用する社長の養父や、
我が侭な妻に振り回され、光己は鬱屈した日々を重ねていた。
ある日、光己は妻の浮気をネタに熾津組の若頭、
熾津臣(おきつ・じん)に強請られ、凌辱されてしまう。
執着され、執拗に繰り返される行為に光己は理性を徐々に
蝕まれていくが、次第に奇妙な解放感と安らぎを感じるように……

*   *   *   *   *   *

今回のエロは、関西弁でした。

久我さんの関西弁の可愛いエロさとは違う、
トヨ○ツのあのいやらしいのCMにも負けないくらい、
濃ゆくて(濃くて、ではない)、ねっとりとした
関西弁のエロさでした。軽くいくつか引用しますと、
・肌を紅潮させてえろいのう(30ページ)
・よく締まるのう、わしのに咬みついてくるわ(55ページ)
・えらいやらしい味の雨やな(230ページ)

あくまで関東の人間から見たイメージですけど、
からかいじみたオヤジ臭いともいえる、
関西弁の言葉攻めは、極上にエロいですな!
イントネーションが再生できないのが悔しいので、
井上和彦さんにでも演っていただきたいくらいです。

行為のシチュエーション自体は奇抜ではなかったかな?
衆人環視などは沙野さんならノーマルだし(……)。

でも、最初はあてつけの凌辱だけだった状態から、
次第に光己自身を抱くようになる過程をエロの中で
しっかりと描写されているのがとても良かったです。

もちろん地の文でも、光己の妻・義父・養父などの
うざいやつらの抑圧を受け、熾津に心を傾けてしまう理由や、
熾津が果てしなく光己に執着している理由と、
その執着の奥にある心情までも描かれています。
(なので全体のトーンとしては暗めです)

が、その移り変わりがエロい中に織り込まれていて、
エロのみならず深い関係性を描いているのは
沙野さんのBLならでは。健全なものでは為し得ない、
エロがあるからこそ出来る描き方だと思いました。


そして、このエロさを盛り立てるのがもちろん、奈良絵です。
表紙も挿絵もすごいんですけれど、その中でも、
中表紙は抜きん出て素晴らしい絵でした。
刺青の禍々しさと美しさとエロさ……なんという魅力だろう。
ぽんぽん変わる絵柄の好みは別れようとも、
奈良絵のBL小説へ与えるパワーは計り知れないと思います。
当代一のBL挿絵師と褒め称え奉りたい気分です。

あら?エロ絶賛話で書きたいことはほぼ終わってしまったわ…。

最後にひとつ、ちょっと納得いかない点をあげるとすれば、
悪役4人の処遇。(凪人たち玄人もののことではなく、
光己を鬱屈に追い込んだやつらのほうです。)

別に水戸黄門しろとは言いませんが、早い話、
「痛い目見させろ」って気分になっちゃいました。
熾津にいつか滅ぼされればいいなと思うばかりです。

やっぱり沙野さんのエロはいい…。
ガッツリきつめのヤクザを読みたければオススメです。
| [BL・小説]沙野風結子 | 23:53 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:53 | - | - |