-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『赫蜥蜴の閨』/沙野風結子(奈良千春) | main | 『きみには勝てない!』『凛 -RIN- !』シリーズ/穂波ゆきね >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
時期もの、話題もの、やりたいもの
□ 夏がはじまる

今日から甲子園がはじまりましたね!同じタイミングで
市内で花火大会もあり、夏がはじまったなと思うばかり。
(学生にとってはとっくに夏休みでしょうけれど)

気温的にはもうずいぶん前から夏だった甲子園で
熱く真剣に戦う高校生たちを、おお振り片手に
ぼーっと見て昼寝するのが私の夏の醍醐味です。
(いつのまにか違う試合になっていることがよくある)

得点を入れたときの嬉しそうな顔や、試合に負けたときの
悔し泣きの顔などがもうね、たまらないですね!
感動もするし萌えもするし、高校野球は最高です。

今年は開催が早いから初戦があまり見られないけれど、
盆休み中に準決勝まであるからいい試合が見られそうで楽しみ。


□ 高橋留美子展

話題ものといえばこれ!昨日、会社帰りに行ってきました。
高橋留美子展についてはこちら→http://www.websunday.net/rumic/

2週間しかないけれど、土日は避けたいし、
金曜日のアフターファイブに銀座に原画展を
見に来る人はあまりいないだろうと踏んで、
見に行ったのですが、アニメやサンデー掲載陣ほかの
ラムちゃんの絵コーナー、グッズ売り場はすごい人の数でした。

高橋留美子作品でいちばん思い入れがあるのは
リアルタイムで読んでいた『らんま1/2』なんですが、
それ以外の作品の原画も予想外に楽しめました!

やっぱ原画ってすごくパワーを感じますね、
カラーは色やにじみやグラデーションの綺麗さに、
モノクロは微細な書き込みに目を吸い寄せられてしまいます。
もちろんマンガって絵だけではないですけれど、
この絵のクオリティを週間で約三十年も続けているんだから、
売れっ子作家のバイタリティって恐るべし!

一番右はチケット

記念に上のポストカードを2枚だけ買ってきましたが、
図録もあるし、興味があれば行く価値はありですよ!


□ もうひとつの話題もの

anan名物SEX特集号についた、トヨエツの朗読CDでしょう!
(トヨエツの事務所は、キンチョールといい、
こういう路線で行かせたいのでしょうか…?)
こんないわゆるスイーツ(笑)向けの雑誌を買うのは
非常に恥ずかしかったのですが、凄い企画なので
ここはバーンと男らしくネットで買いました。

で、早速聞いたんですけれど……激しく笑ってしまいました。
トヨエツの朗読はいやらしいながらもキンチョールみたいに
過剰な情感はなく、ちょっとほっとしたのですが、
朗読していた内容がなんつーか、ひどいぞ。

文房具屋の店員にコナをかけ2週間でベッドインし、
最後は突然イタリアに戻る盆栽のお店経営者の
42歳の男って攻め(って表現したくなる)としてどうよ。
しかもその初回のセックスは職場、盆栽用の針金で
女の手首を縛る、目隠し、ローターを入れてお預け、
そこからマンションにつれこんで玄関でいたす、
さらに女にとって初体験のアナルセックス+中だし。
……どうよっていうか、どうしようもない変態だろ。
セリフもかなり変態で笑いました。
君のアナルは本当にいいしまりです。いやらしいしまりだ。
しっかりくわえ込んでいます。いいアナルだ。
……息できないほど爆笑した。BLの攻めだって言わねーよ!

女のほうも彼氏がいるのに普通にこの関係を愉しんでいて、
「名前の無い関係」などとおためごかしをしているけれど
フツーに単なるセフレ関係でしょうが、これ。

それに雑誌の主張とこの官能小説の内容がムジュンしている。
雑誌:CD
コンドームは必ずつけて!:つけない上に中出し
突くだけのセックスはいや:ガンガン突きまくり
アナルセックスはハードル高い:準備もなくいきなり

色んな意味で笑っちゃうよね、こりゃあ……。

ただ、盆栽師って剛しいらさんが書いたら面白そうだなってのと、
BLCDの演技と脚本により感謝の念を深める機会になりました。


□ 自分の夏休みは

腰痛もあいまって出かける気にもならないので、
何か企画でもして暇をつぶそうと、いまのところ、
・ゲイコミ感想
・夏恒例の一般小説の腐読み感想
のどっちかにしようかな、と考えています。
この企画でさえ本当に実行するかはわかりませんが、
他にこれは!というすんばらしい案がありましたら、
メールフォームなりでお知らせください。

それでは長くなったのでこのへんで。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 23:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:27 | - | - |