-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 時期もの、話題もの、やりたいもの | main | 『水に燃える月』/高塔望生(左崎なおみ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『きみには勝てない!』『凛 -RIN- !』シリーズ/穂波ゆきね
コミックのいいところは、たったかたったかと
すぐに読めるところで、とりあえず手に入れた
穂波作品はこれで全て読み終わりました。

あと穂波さんの既刊の未読作品はあと6冊かな?
今までに8冊読んでしまったってことは、もう既刊の
半分以上を読み終わってしまったということで…、
ちょっとさびしい気持ちです。
楽しければ楽しいほどさみしいのは贅沢なのかしらん。
あ、なんか夏休み最終日みたいな独白ですね。

さて、今日の感想は、まったく方向性が異なる、
高校生もののシリーズ2作品です。



『きみには勝てない!』シリーズ/穂波ゆきね(高口里純原作)

芳文社 (2003/04〜)(全3巻リンク・画像は1巻)
【Amazon】



☆あらすじ
全寮制「秀育学園」は美形ぞろいの名門エリート男子校。
だがその実態は、ハーレム万歳な男の園だった!
土地の所有者(名義だけの)主人公・酉島雄飛(ゆうひ)は
秀育学園の分校へ入学し、学園内の風紀の乱れに驚愕しつつも、
突然任命された「寮長」としての務めに奮闘することに……

*   *   *   *   *   *

『イタリアのしつらい』を笑えないあらすじです。
たぶん穂波さんでもなきゃ手に取らないあらすじですね。

しかし読んでみたら、かわいいってなんのって。
誰がというともちろん、雄飛くんが!
誰もが忌避する学園の黒幕に、物怖じせずに
田舎丸出しの方便で抗議したり、かと思えば
キスをされて頭が真っ白になって呆けてしまったり、
何回も危うい目にあっても天然な方法で解決したり、
本当に「きみには勝てない!」キャラです。
彼の一挙一動にいちいち笑わされちゃいました。

脇キャラもどっかおかしみや変わったキャラばかりで、
陰謀とかが渦巻こうともあんまり深刻に見えず、
攻めとか受けとか関係なしに楽しめるコメディです。
わりとヘタレ気味な黒幕3人組より、とにかくかき回す
猫田くんのほうが真の黒幕だと思うのは私だけ?
ちなみに一番のお気に入りは理事長でした。

BL担当(と言ってもいいほどカップルが少ない)の
脇キャラたちですらHシーンは数えるほど少なく、
Hシーンが苦手なひとでも読みやすいBLコミックかと。
Hが薄味なのは変わりませんが、今までの穂波さんの作品と
テイストが違うのに面白い…凄いのひとことです。


・『凛 -RIN- !』シリーズ/穂波ゆきね(神奈木智)

徳間書店 (2002/12) (全3巻リンク・画像は1巻)
【Amazon】



☆あらすじ
弓道部の高校二年生、桂(かつら)は極度の上がり症。
そんな桂の秘密兵器――それは兄の親友で幼なじみの草(そう)。
目も気にせず、草に抱きしめられると、なぜか一瞬で
緊張が治まる。でも甘えてばかりもいられないと
草からの自立に悩む桂に、親友の香一(こういち)が
「俺じゃ代わりになれない?」とキスしてきて……

*   *   *   *   *   *

先の作品とはうってかわり、こちらは桂の成長譚です。
草に守ってもらうばかりの関係から、頼らずにいようと
努力しているうち、彼への特別な感情を持っていることに
気づく……という、まあ、ありがちな展開なんですが、
恋愛のメンタル部分と、弓道の状態の連動がしっかりと
描かれていて、動きが静かながらも引き込まれました。

とくに2巻以降は恋愛部分<桂の部活動に重きが置かれ、
桂が弓のうえでも成長を遂げていく様子が描かれています。
この部分にすごく懐かしいものを感じました。

黄金世代だった上の世代と並ぼうとする向上心はあるものの、
下の世代から出る不満や、誰よりも自分で役者不足を思い知り、
それでも出来る限りを努めようとする桂の姿勢に、
社会人としても見習うべきものがある気がします。

今思うと部活って仕事の基礎があるというか、
どんなに合わない奴がいてもなんとかやりすごしたり、
他人の不満があってもなんとか役割をこなしたりと、
当時は考えなくても人間関係の難しい点を学ぶ、
いい機会だったんだなあと…そんなことを感じました。

まー自分が高校生の時にはこんなに充実した、
体育会系の毎日をおくってはいませんでしたけれど。
だからこそ逆に未知の部活動を追体験できて、
実際に弓道をやってみたくなる面白い作品でした。
弓「道」というくらいなんだから、にわかに
できることではないでしょうが、ちょっと興味があるなあ。


どちらも面白い作品でしたので、気分によって
合いそうなほうを読むのが吉かと思います。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 20:16 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:16 | - | - |