-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『きみには勝てない!』『凛 -RIN- !』シリーズ/穂波ゆきね | main | 『明日も愛してる』/安芸まくら(深井結己) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『水に燃える月』/高塔望生(左崎なおみ)
夏はなくなってしまえばいいと思うほど嫌いですが、
しかし嫌いでもいいことはあるもので、先日、
腰痛対策として新調したチェアを配達してもらった際に、
元気ワンコ系のあんちゃんと髪が耳の下辺りまである、
長髪のお兄さんの2人が、汗びっしょり(肩〜胸元に
かけてシャツの色が変わってしまっている)になりながらも、
「○○家具です!」と爽やかな笑顔で重いチェアを持ってきてくれて、
あまつさえ狭い入り口を苦労して入れてくれて、
しかも「そこ持って」「こっち?」「そう、右…」「ふう…」と
録音したくなるような息の合ったボイスも届けてくれました。
1日中その2人で妄想したことは言わずもがなです。夏、GJ!

えーと、感想とは全然関係がなくて…私の萌えた話でした。
今日の作品もオヤジで萌えたけどね!以下感想です。




『水に燃える月』/高塔望生
ビブロス (2005/8/17)
【Amazon】


☆あらすじ
検事の芹沢は、かつて恋人に裏切られた心だけは、誰にもやらないと
固く決めて、クールな美貌を惜しげもなく男に抱かせていた。
しかし、強烈に雄を感じさせる精悍なヤクザ・竜崎との出会いが
凍りついた芹沢を融かしていく。許されざる関係を深めて
ゆく中、とある事件が舞い込み、2人は渦中へ巻き込まれる……

*   *   *   *   *   *

この作家さん、初読みなんですが、オヤジスキーとして、
「8点!」「9点!」「10点!」「7点!」(平均8.5点)と
脳内で審査員がプラカードを上げるくらい好きかもです。

「8点!」だったのは、出会いから関係が深まるまでです。
出会いは警察署の廊下で、オヤジこと竜崎(余談ですけど
なんでヤクザとかオヤジキャラって「竜」「龍」って
漢字がつくキャラが多いんだろう)が一目ぼれっていう
フリーダム過ぎるもので、しかも最初の関係はかなり強引。

そんなオヤジの自由さ・強引さが目立つものの、
大人の本領を発揮したような、包み込むような優しさも
垣間見せ、このバランスがちょうど良いのです。
30にして「もう恋なんてしない」状態の芹沢の心を
解きほぐすには押して引けるオヤジなんですよ、ええ。


「9点!」だったのはとある事件に巻き込まれた2人の行動。
竜崎は芹沢を庇おうとし、芹沢は竜崎のために職を
棄ててでも行動する…、まあ、「賢者の贈り物」なんですが、
安易に竜崎が助けに来るわけでもなく、互いにできることの
最良を尽くした大人な2人だからこそ、最後の結論、
「相手がいることが幸せ」が心にしみるお話でした。

「10点!」は、賢者たちのその後が描かれていること。
しかも、いきなりラブラブだけの生活に走るでなく、
就職の話や、ヤクザを足抜けしたあとの気苦労、また、
それにまつわるまた新しい事件などが描かれていて、
続編のほうが前編よりも面白いくらいでした。

最後の「7点!」は、SLASHとはいえ小出しにエロシーンが
挟んであることと、主人公たちの読みが覚えづらいこと。
出版社によるエロシーンの指定は、願わくば回数より
ページ数でカウントしてほしいものです。
後者の主人公たちの読みは私の低脳のせいもありますが、
(竜崎)哲=あきらはまだしも、(芹沢)維尚=ゆたか、は
読みにくいと思うんですけれど……ま、難癖ってことで。

静かなるヤクザ・オヤジを読みたいときはオススメです!
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:55 | - | - |