-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『水に燃える月』/高塔望生(左崎なおみ) | main | 今日と明日と小冊子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『明日も愛してる』/安芸まくら(深井結己)
寝る前に本を読み終えて「これは感想を書きたい!」と
思ったときはケータイでメモしてPCに転送しているのですが、
眠いときってダメですね、次の日にPCで見ると
なんてアホなことを書いてるんだか。

まあ、何かを書いたり作ったりするときの、一時的な
高揚した記憶を忘れて、客観的になれるんでしょうが…。
これも一種の記憶喪失なのかしらん。

ちなみに、昨日のメモは「ホラー→コメディ たった1日
ビアンカのよう? わからないところも」…言いたいことは
だいたいわかったけれど、昨日の自分、眠すぎだろ……。

ちゃんと思い出した感想は、以下です。
ちょっとネタバレ多めです。




『明日も愛してる』/安芸まくら
蒼竜社 (2008/8)
【Amazon】



☆あらすじ
朝、櫂(かい)は、知らない部屋のベッドで目が覚めた。
眠りにつくまで櫂は18歳だったが、枕元に置かれた
ファイルには「現在のおまえの年齢は35歳」と書かれていた。
混乱する櫂の前に現れたのは、ツダと名乗る男で…。

*   *   *   *   *   *

初、木原さん以外のホリーノベルス作品ということで、
不安と期待が半々でしたが…色んな意味でものすごいです。

話の始まりは明らかにホラーなんですよね。設定からして、
13分しか記憶が持たず、35歳なのに18歳までの記憶しかない。
突然現れる、悠児ことツダと名乗る不審なハウスキーパー。
そして、櫂が作中で何度も記憶を忘れるごとに、
もしも自分が認知症なり事故なりでこうなったら、
という仮定でも恐怖がせりあがってくるような、
哀しくて残酷な描写。ホラーと言わざるを得ません。


しかし、あまりに櫂の記憶(人格とも言える)の振れ幅が
大きすぎる(記憶を与える悠児のせいでもあるが)ため、
哀しい中にも、文章に皮肉たっぷりのユーモアを感じました。
特に、櫂が自分と悠児のセックス中のビデオを見て、
彼らは「記憶喪失プレイ」をしていると思う、だなんて
描写は、怖いのに笑ってしまいました。

また、悠児も、初めは愛しても忘れられてしまう
悲惨な役回りだと思いきや、それも櫂に合わせて、
役(櫂がもっとも受け入れにくくないキャラ)を
彼が持つ深い愛情ゆえに演じているとわかります。

まるで、様々な恋人の出会いを、同じ役者が続けて
演じている舞台を見るような錯覚にとらわれました。

そして、1日に何度も逢瀬を重ねることで、
辿り着く「明日も愛してるよ」という結論まで、
息をつかせぬ怒涛の勢いで話が終わります。

これはたった1日の中だけの物語なのに、
ホラー→コメディ→ラブまで、ほんとノンストップでした……。
女海賊ビアンカ(これがメモのビアンカだった)の
舞台を見た観客の気持ちってこんな感じなのかも。


しかし、読み終えてから落ち着いて考えてみると、
いまだに事実がよくわかりません。
悠児の語った二人の身の上は、演技のうちなのかも
しれない(現に悠児が語る櫂の前職はランダム)し、
電話の中の妹もエキストラかもしれないのです。

なぜかお金はあるから不可能ではないでしょうし、
そう考えると、ラブラブな終わり方ではありますが、
お互いが「愛している」ということ以外の現実や事実は、
省かれたままなのです……ミステリーだなあ。


言いたいことがまとまっていませんが、とにかく、
1冊でホラーやらコメディやらを1度に読めた作品でした。
ホリーノベルスに相応しい、凄い作品だと思います。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:23 | - | - |