-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今日と明日と小冊子 | main | 『覗機関狂威蜜』/松崎司 【夏休み企画1-1】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『SASRA』1〜4/Unit Vanilla(円陣闇丸)
流血はようやく昨日のお昼ごろ止まったのですが、
腫れと痛みはなかなか引きません。
そのため、昼寝もできず夜寝も朝3時ごろ〜8時と
浅いのですが、起きている間、痛みから気をそらそうとして
本を読み漁っていたら、夏休みの前半をかけて読もうと
思っていたこの4冊がもう読み終わってしまいました。
この集中力が抜歯のおかげってのは皮肉……。
(ちなみに今年は 8/17(日曜)まで9連休です。うふふ)

でも、この4冊は一気に読めてよかったです。
遅ればせながら感想です。




『SASRA』1〜4/Unit Vanilla
リブレ出版 (2007/07,08)
【Amazon】


☆あらすじ
金色の砂、灼熱の太陽。夢に見た砂漠へ旅立つ蓮(れん)は、
怪しげなアートディーラー・剛将(ごうしょう)と出逢う。
初対面なのに、なぜか彼と蓮だけが共有した、
鷹の羽音の幻聴──それは遙かな昔に始まっていた、
運命の恋の手がかりだった。転生を繰り返し、
巡り会った二人の愛は果たして叶えられるのか……

*   *   *   *   *   *

著者が和泉桂・岩本薫・木原音瀬・ひちわゆかの
ユニットということで、作家の好きレベルに差があるため、
明らかに著者が分かってしまったら嫌だな……と気にして
いたのですが、それぞれの話がほとんど舞台も違うためか、
あまり区別がつきませんでした。

リレー小説という形でも面白かったでしょうけれど、
あんまり好みでもない作家の名前が出されたら
その時点でバイアスがかかっちゃいそうだから
これでいいのかもしれません。

それでも中国編と江戸編は木原音瀬さんが書きそうだとか、
中世編は性器の描写が「肉茎」だから和泉さんかしら?とか
考えていたのですけれど、次第にそんなことは
気にならずに、話についつい没頭してしまいました。
4冊ノンストップは歯痛のためだけじゃないと思います。


身分違いだったり、敵同士だったり、手っ取り早く言えば
ロミジュリ的な悲恋が何度も繰り返されるという
悲しい話ではあるんですけれども、読み進められたのは
2つの理由があります。

1つ目は、4巻ではBLのハッピーエンドの法則が働くだろうなと
推測することができ、いくら悲しい話が続こうとも、
きっと次は……! という光が見えていること。
始まりのエジプト編の記憶が見えるようになったり、
互いにあった痣を懐かしく思ったりという断片が
埋め込まれているのもそれを促進しました。

2つ目は、悲恋とはいえ、どの話もいっときは
両想いになり、幸せな瞬間が訪れると言うこと。
最期は幸せな別れ方はしないものの、恋愛という点では
ほぼ成就しているから次へ進みやすかったです。

そう考えると、微妙にリンクしていて文章も一定で、
そして各編の様々なシチュエーション+成就を楽しめて、と
BL的になかなか良い試みだったのではないかと……。

結末はちょっと神の思し召しな点が目に付きましたが、
まあ、彼らがそんな目にあったのも神の怒りに触れたからで、
一応納得はいく説明でしたしね…なにより、重要な
語り手もちゃんと幸せになれたのでよかったです。

もうあとは個人的な好み語りになりますが、私は
・ローマ編(剣闘士×指揮官)、
・インカ編(スペインの騎士×インカ王族)、
・江戸編(世話役の雇われ武士×とある理由で幽閉された少年)
が、好きでした。こんなベタベタな歴史的な
ファンタジーってなかなか読めないんだもの…。

あと素晴らしいのは円陣さんの挿絵、どの時代にも
適した挿絵で愉しませていただきました。

悲恋交じりのファンタジーを読みたいときはオススメです!

P.S.
『楽園』/鈴木光司も 生まれ変わり恋愛ものとして好きです。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 20:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:17 | - | - |