-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ミスター・シーナの精霊日記』1〜5/藤たまき | main | ひとり穂波ゆきね祭り >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
この作家のこの1冊! 【夏休み企画2】
今日は Mさんより頂いた持ち込み企画です。

タイトルどおり、「この作家と言えばこの1冊!」という
セレクトをしてみよう、という企画です。

あまりにも選ぶ範囲が広いので、手に入りやすい
作品を優先と言うことで自分で縛りを追加してみました。

・なるべく絶版になっていないものを選ぶ。
・1〜2冊ぐらいが手をだしやすいと思うので、
 シリーズも1〜2冊までのものとする。
・著作数が多い人を対象とする。
というルールでやってみました。
結構長くなりましたのでいったん折りたたみます。

*   *   *   *   *   *

1・英田サキ
『君のために泣こう』

シリーズなら『エス』『DEADLOCK』シリーズですが、
1冊なら世界が閉じ気味な兄弟もののこれを選びます。
絶版でもOKなら『今宵、天使と杯を』を選びたいところ。

2・いおかいつき
『子供に内緒で』

シリーズなら『好きこそ恋の絶対』シリーズですが、
薄味だけれどマジメな恋愛のこちらもオススメしたいです。

3・池戸裕子
『50/50-フィフティ・フィフティ-』

すみません、3人目にして絶版です…。
熱い男同士がコブシで語り合うリーフとは思えない良作。

4・榎田尤利
『君がいなけりゃ息もできない』

コミカルだけど、今のエダさんの作風が
一番わかりやすい作品なのではないかと。

5・小川いら
『獅子座の男』『太陽を抱く男』

バンビちゃんの天然ぶりがかわいい。
絶版なら『恋心』『ランチタイム・シンデレラ』も良いな〜。

6・秀香穂里
『くちびるに銀の弾丸』『くるぶしに秘密の鎖』

クリエイター、ライバル、エロの三拍子が揃った良作。
祭河ななをさんのマンガが収録されているのもグー。

7・樹生かなめ
『ありのままの君が好き』

『もう二度と離さない』と迷いましたが、ぶたごりら受けの
こちらのほうがより際どい強烈さが分かると思いまして。

8・久我有加
『何でやねん!』1〜2

関西弁BL、お笑い芸人BLとしてジャンルとしても
ストーリーとしても飛びぬけています。

9・剛しいら
『仇なれども』

作品は非常に多いのですが、絶版だったり
出版社倒産とかで意外と縛りがきつかったです。
キャラ文庫はいいものが揃ってますね、結構。
金に糸目をつけないなら絶版の『座布団』『花扇』。

10・木原音瀬
『箱の中』『檻の外』。

旧作はあまり読めてないなまぬるいコノハラーの
感覚で申し訳ないですが、これが断然トップ。

11・崎谷はるひ
『ANSWER』『SUGGESTION』。

ルチル版で。ねちっこいエロも、包容力のある受けも、
ここにいまの原点があるような気がします。

12・桜木知沙子
『ストロベリーハウスフォーエバー』

これも絶版ですね…すみません。
ユギさん挿絵+寮もの+穏やかな雰囲気がたまらない。

13・砂原糖子
『言ノ葉ノ花』

心の声が聞こえるという題材を上手く消化していて、
作品ごとに進化しているなあと感じられた良作。

14・月村奎
『エンドレス・ゲーム』

絶版の『ブレッド・ウィナー』なども棄てがたいですが、
ディアプラスの書き下ろし追加版がとても好きなので…。

15・中原一也
『愛してないと云ってくれ』

エロ、アウトロー、オヤジ。これぞ真骨頂、というか
自分が好きな中原作品の要素がてんこ盛りです。

16・ひちわゆか
『今宵、雲の上のキッチンで』

ファンタジックラブロマンス、現代の御伽噺。
書き下ろし追加の新装版も出たし、太鼓判を押してオススメ。

17・水無月さらら
『奇跡のオブジェ』

絶版3冊目。仏像が人間になってしまうというトンデモに近い
作品ですが、その展開につい引き込まれてしまいます。

18・水原とほる
『唐梅のつばら』

やっぱり原点かなあ、これ以上の妄執的な関係が
描かれている作品って無いと思います。
『夏陰―Cain』『箍冬-Cotoh-』も好きですが。

19・吉田珠姫
『恋の呪文』

『神官は王に愛される』シリーズが一番オススメですが、
それにも似たちょっとおバカで可愛い系統の作品です。
『ピジョン・ブラッド』はなるべく1冊目じゃないほうがいいです。

20・夜行花
『凍る月〜漆黒の情人〜』『凍る月〜紅の契り〜』

ちょっと暗めなファンタジーを加えながらもラブが良い味出してます。
ラヴァーズの中で一番好きなシリーズかも。

*   *   *   *   *   *

20人とキリのいいところまで選んだので、この辺で。
作品を選ぶのではなく、著者から選ぶのは意外と難しかったです。
他の著作の多い作家についてなどご意見がありましたら
どうぞお知らせくださいませ〜。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 14:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 14:03 | - | - |