-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『覗機関狂威蜜』/松崎司 【夏休み企画1-1】 | main | この作家のこの1冊! 【夏休み企画2】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ミスター・シーナの精霊日記』1〜5/藤たまき
昨日の夜中から朝にかけて、このシリーズ5冊、
木原さんのアンソロジーコミック ergo 5冊、
榎田さんの神話シリーズ(のうちの)3冊を
夜更かしして読書しました。

平日にいけないいけないと思いつつ夜更かしして
しまうのも背徳感があっていいんですけれど、
次の日を全く気にしない読書も至福の時間です。
明日は飲み会なのでできないんですけれどね……。

さて、今日の感想本は、藤たまきさんにしか描けない
BL未満に近いファンタジックな作品でした。
以下、感想です。




『ミスター・シーナの精霊日記』/藤たまき
徳間書店 (1996/12〜2001/04)
【Amazon】
(画像とリンクは1巻のものです)



☆あらすじ
イギリスの片田舎に住む精霊祓いの少年・椎奈(シーナ)。
幼い頃、妖精の早合点で魔法をかけられた彼は、
男の精霊にばかりホレられてしまう運命。
現れては消える精霊たち。 まるで人よりも人のように、
やさしくせつなく寄せられる熱い想いに、シーナの心は揺れる…

*   *   *   *   *   *

いつかまとめて読みたいなーと思っていたら、
近所の古本屋で5冊480円で売っていて幸運。
しかもとても面白かったので最高でした。

私の腐った脳はあらすじから「毎話毎話に違う精霊と
ラブが発生して…XX」という推測をしていたのですが、
まったく違う方向でした。そうよねー、藤たまきさんの
ファンタジーでそんな爛れた方向にはならないわよね、ハハ。

シーナが男の精霊に惚れられてしまう設定はあっても、
アダルトな方向には進まないで精霊がただひたむきな
愛情・友愛の念を告げて去っていったり、また、
精霊に対する人間のほうを深く描いていたりと、
イギリス版百鬼夜行抄、といった感じです。

それゆえにシーナの母がメインだったり、
シーナを守る妖猫がメインだったりと
まったくBLではない話がちらほら見受けられますが、
それでも、全ての話が良かったです。

全体を取り巻く雰囲気や可愛いキャラが魅力的で、
かつ藤たまきさん特有のモノローグも相まって、
このマンガにしか存在しない空気を醸し出していました。
BL未満だったのは残念ですけれど、それよりも
愛情がたっぷり描かれているこの本を読めて
温かい気持ちになれた利益のほうが確実に多いです。

特に私が好きだった話は、2巻の『海の国の犠牲』で、
海を汚されてしまったセルキー(アザラシの精霊)と
シーナが気持ち(友情〜愛情)を交し合うのだけれど、
寿命や立場の違いで離れざるをえない話です。

違う生きもの同士の寿命の違いから来るすれ違いとか、
お約束だけれど弱いんだ……そこここに挿入された
モノローグが本当によくて、哀しくて愛おしい話でした。


まだ有名な『プライベート・ジムナスティックス』も
読んでないですし、藤たまきさんはさらに
開拓していく楽しみがあるなあ……。

BLファンタジー(中世/遊郭/アラブなど)とは
一線を画す、スピリチュアルファンタジーでしたが、
そういうファンタジーがお好きならぜひオススメです。
あとエロが苦手な方にもオススメです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 21:40 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:40 | - | - |