-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< この作家のこの1冊! 【夏休み企画2】 | main | 上半期のお気に入り挿絵10 【夏休み企画3】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ひとり穂波ゆきね祭り
昨日の飲み会は小さい同窓会のようなものだったのですが、
みんなリア充でした。「明日は午前中に海行って夜はクラブ」って、
いま、深夜のカラオケなんですけれど……。

「すごい」と言ったら「毎日本読むほうが難しい」と
返されてしまいました。そうか、彼らにとっては
外に出かけてはしゃぐことのほうが楽なのかあ。
価値観の違いとは面白いものであるよ(古典の現代語訳っぽく)。

さて、外で祭りに参加する彼らに対し、家の中で
私は穂波ゆきね祭りです。『ヤバイ気持ち』の
コミックを読んでから、一月足らぬうちに
ほぼ全ての作品を読み終えてしまいました…さみしい。

かなしいけれどそう言っててもキリが無いので、
終わりにしよう。ラブイズオーヴァー。
読み終えた穂波作品の感想です。



1・『恋の渇き』

芳文社 (2001/07)
【Amazon】

☆あらすじ
中野は恋人に他に男が二人いることを知った。
一人は常に不敵に構える男。
もう一人は織衛が崇拝する先輩。
三人で一人を抱く歪な関係が始まった。
彼らが共犯めいた関係を築く本当の理由とは……

*   *   *   *   *   *   *

うーんなるほど、コメントに困る作品です。
これ、BLじゃないですよね……。

セックスはしていても彼らの間にあるのはラブではなく、
彼らが共通して愛した女性への投影が半分と、
自分以外の男へのあらゆるマイナスの感情が四分の一、
自分以外の男へのプラスの感情が四分の一というか。
もし時間が経って、彼らの関係が変わるのだとしても、
3人がカップリングにはなりそうにない、現在の不均衡な
心理状態を守るための一時的な関係という気がします。

ただ、その3人、そして生きたいように生きた恋人の
愉香の表情に冷めたような熱に浮かされているような
危うさを感じてしまいました……この優しい絵柄じゃ
なかったら、読むのがかなりつらい作品かもしれません。

オススメはしないけれど、確かに印象には残りました。


2・『微熱革命』
芳文社 (2000/07)
【Amazon】

☆あらすじ……季節はずれの謎めいた転校生、
龍樹と桜太。クラスになじまず、奇妙な主従関係を
続ける彼らの甘い秘密とは……

*   *   *   *   *   *   *

学園ものだと思っていたら、突然和風(ちょっと中華も)の
ファンタジーに展開していきました。

龍樹はツンデレ、桜太も健気で可愛いのですけれど、
1点気になることが……。龍樹があちらの世界に
居たくない理由は分かりましたが、なんでわざわざ
高校生になって人間界にいるのか分からないんですが…。
身を隠すんだったら金はありそうだし身分も偽称できそうだし、
高校生であることも、日本にいる必要もない気がします。

そこを深く突っ込んでも意味はないんですが、
ファンタジーは細部まではっきりしてないと
私はその世界に入りづらくて…そこが残念でした。
一番残念で不憫なのは、初めは航平(2人の同級生)の視点だったのに、
いつのまにか彼の存在が薄くなっちゃったことですけど(笑)


3・『ビーナスKISS!!』『フラワーコーポレーション』

(1996/01,1997/03)
 【Amazon】         【Amazon】

☆あらすじ
佐藤育生(いくみ)は鷹宮学園高等部の1年生。
元は外部生だった育生だが、持ち前の明るさと積極性で
学園に溶け込み、“三美”の一人と称されるほどの人気者。
そんなある日、バスケ部の国立先輩に部室でゴーカンされちゃって…

*   *   *   *   *   *   *

わあ、古きBL学園もの!!って感じの学園ものでした。
“三美”という呼び方もそうですし、かわいい設定に
そぐわぬゴーカンという言葉が出てくるのもそうですが、
これらを今使ったら完全に時代遅れですよね。

けれど、文化祭が無駄に熱気があって盛り上がったり、
携帯がなかったりと、平和な時代の学校といった
雰囲気が良く出ていて、つい懐かしい気持ちになりました。
こうやって昔のを読むと、BLも知らず知らずのうちに
色々と変遷があったんだなとしみじみです。
第一、いま、花丸コミックスなんて存在しないしね…。

穂波さんの絵も最近のものに比べるとバランスが
異なっていたりと、違いを楽しめました。
『2.14事件』というこのシリーズの続刊は未読なので、
近いうちに手に入れようと思います。


4・『てのひらの星座』

徳間書店 (2005/11/25)
【Amazon】



☆あらすじ
可愛がっていた年下の従弟と7年ぶりに再会して、
同居することになった大学生の瑞穂。ところが、
昔はあんなに懐いていた円治が、別人のように瑞穂に冷たくて……

*   *   *   *   *   *   *

オススメ率の高かったこちら、さすが面白かったです!

コミックスにしては分厚い250ページ弱を使い、
近づいたと思いきやすれ違い、焦れったく焦れったく
進んでいくのですけれど、それが穂波さんの描く
豊かな表情とマッチして、今日のほかの感想を書いた
どの本よりもベストマッチしていた良作だと思います。

とにかく丁寧に描かれているので、ヤバイ気持ちの
攻めのように心情が分かりづらいところもないですし、
エロシーンも少ないので心情をメインに読みたい人に
特にオススメしたい作品でした。(まあ、穂波さんのは
エロシーンはもともと薄めですけれど……)

もしかしたら、この話を小説で書かれていたら、
「ああまたこのウジウジ虫めっ」と怒りたくなったかも
しれません。やっぱり絵の威力ってすごいなと思います。


なるべく短めに書きましたがやはり長くなりましたので、この辺で。
穂波さんの新刊がいつか出ることを楽しみにしています。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 20:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:24 | - | - |