-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ひとり穂波ゆきね祭り | main | 『Four Seasons』/MELU(原作・城平海) 【夏休み企画1-2】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
上半期のお気に入り挿絵10 【夏休み企画3】
今日は幼馴染の誘いを断れずに男2人で
アウトレットモールへ行ってきました。
アウトレットなんて全く興味が無い(たとえ半額でも
元が高いショップばかりだから)ので、やすっちい
ピアスだけ買って、あとは雰囲気を愉しみました。
服よりも本に金を使いたい、そんな xx歳の夏。

さて今日は他力本願、もといYさんから頂いた企画です。
「ベスト&ワーストランキング」に挿絵部門は
どうでしょう、とのことです。その案頂きます!

ただ、やっぱり範囲が広いのでいくつか縛りを入れました。

・イラストレータ1人につき、1作まで。
・5冊を超える長いシリーズは、もうそれになじんでしまい、
 1冊単位での判断が難しいので除外する。
という縛りで、上半期のベスト発表からだいぶ時間が
経っておりますが、追加で挿絵部門です。



・『君に捧げる求愛』『恋は君に盗まれて』

(文庫版、本編とスピンオフ)
『君に捧げる求愛』の以前の感想→
イラスト: 西崎祥
著者: 高岡ミズミ

文庫版のリメイクに西崎さんってのが憎い!
西崎さんの描く筋肉は大リーガーのそれに相応しく、
受けも可愛い顔してアジアンな美しい筋肉なのです。
挿絵のおかげで私の本棚からなくなることは無いでしょう。


・『NOW HERE』

イラスト: 鈴木ツタ
著者: 木原音瀬
『NOW HERE』の以前の感想→

もちろん内容も面白いのですが、よくもまあ、
これだけ花も色も無い、けどなぜか可愛い
50のオヤジを描けるものだなと……
+の二乗といった感触です。


・『畑に種をまきましょう』『畑で愛をささやいて』

イラスト: 穂波ゆきね
著者: 徳田央生
『畑に〜』『畑で〜』の以前の感想→

嫁姑もので子供や跡継ぎの話も出てくるので
ゲイとして読むのがつらい話なのですが、
この柔らかで的確な挿絵のおかげでだいぶ救われます。


・『蛇恋の禊』

イラスト: 奈良千春
著者: 沙野風結子
(感想書いてません)

時期によって顔がどんどん変化するとしても、
奈良さんの挿絵の独創性は消えうせません。
そして、刺青絵もBL界で天下一だと思います。


・『あいつ』
卵+ウィンナ+卵=あいつ、こうですかわかりません
イラスト: ハルノ宵子
著者: 須和雪里
『あいつ』の以前の感想→

「あいつ」をもろにぼかし無しで3回も描いているのは
BL小説界広しと言えど、この本ぐらいではないかと…。
表紙の卵2つとウィンナという構図も絶妙です。


・『獣の妻乞い』

イラスト: 実相寺紫子
著者: 沙野風結子
『獣の妻乞い』の以前の感想→

以前の感想でも書きましたが、獣姦の挿絵を
ギリギリのところまで描いた中表紙に畏怖と尊敬を。
作品も面白かったです。


・『それは罪なアナタのせい』

イラスト: 夏目イサク
著者: 萩野シロ
『それは罪なアナタのせい』の以前の感想→

ややもすると現実味が無いともとれる萩野さんの
キャラが、夏目イサクさんの挿絵で、どこかにいそうな
雰囲気をまとったキャラになる効果があると思います。


・『ウミノツキ』

イラスト: 佐々木久美子
著者: いつき朔夜
『ウミノツキ』の以前の感想→

離れ島の海辺のイラストが絶品です。
あのイラストといい、表紙といい、
アジアな雰囲気がよく出ていて大好きです。


・『茨木さんと京橋君』

イラスト: 草間さかえ
著者: 椹野道流
『茨木さんと京橋君』の以前の感想→

以前自分が書いていましたとおりです。
「作品の味そのものの色使いの表紙といい、
人柄を写し取ったような挿絵といい、
完璧なイラストレータでした。プロだ!」


・『美しいこと』

イラスト: 日高ショーコ
著者: 木原音瀬
『美しいこと』の以前の感想→

内容もそうですが、挿絵も素晴らしかった。
その一言に尽きます。


+  +  +  +  +  +  +  +

というわけで、10作選んでみました。
ほとんど構図やデザインのよさというより、
自分の好みの絵かどうかによって左右されるなあ…。

また、やった後に気づいたんですが、上半期の
(内容の)ベストと5作かぶるんですよね…
おそらく相乗効果なんでしょうか。

下半期でやってもおそらく作品がかぶりそうなので、
その辺のことを踏まえてやってみようと思います。
| [BL感想一覧・ランキング・アンケート]2008年 | 23:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:48 | - | - |