-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『Four Seasons』/MELU(原作・城平海) 【夏休み企画1-2】 | main | 『夜叉と獅子』/池戸裕子(羽根田実) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『楽園建造計画』1〜4/高遠琉加(依田沙江美)
昨日今日と2日間、夏休みボケでゆるく仕事しただけなのに、
もんのすごく疲れました。8時間ってこんなに長かったっけ?
9日間も休むとリズムが取り戻せなくて大変です。

そういや大学生のときは夏休みが1ヵ月半、
下手をすれば2ヶ月近くもあったんですよね。
いい商売だよな、大学って…。

でもたとえ低学力化が起ころうとも、人生を支える
友人なり思い出なりを作れるあの人生の夏休みは
あったっていいと思う……と、この本を読み終わって
そんなことをつらつらと思いました。

以下、感想です。




『楽園建造計画』1〜4/高遠琉加
二見書房 (2005/5〜2007/05)
【Amazon】(画像・リンクは1巻のもの)


☆あらすじ
桜陵大学経済学部二年の三木高穂(たかほ)は、
わけあって学生課から紹介された格安アパート、
パレス・シャングリラ五反田の住人になる。
そこは一階がアトリエ、二階が住居という風変わりな構造で、
住人のほとんどは桜大の芸術学部生。高穂の入居初日には
歓迎鍋パーティーが催されたが、寮のようなノリの和気藹々ぶりに
高穂は閉口気味。特に不動産業者巡りをしている途中で出会った
写真学科二年の蝶野洸(あきら)には、いきなり写真を撮られたり
部屋に侵入されたりと、気分を害されっぱなし。
ところが、その蝶野にバーのバイトに駆り出されて以来、
彼が高穂の心の不可侵の部分に入り込み始めて…。

*   *   *   *   *   *

読むのがもったいないな〜と読み渋って読み渋って、
最終巻を買ってから1年以上(そんなに経ってるとは
思わなかった…)も経ってから、ようやく読みましたが、
各巻の時間を置かずに一気に連休中に読めてよかったです。
(SASRAのときも同じことを言ったような…まあいいか)

だって、3カップルが複雑な動きをするんですよ。
メインの蝶野×三木は1巻と4巻でメイン、
志田×響川は2巻〜3巻でメイン、まあ、この2組は
時間軸が重なっているからまだいいのですが、
屋敷×美延ペアは1〜4巻の最後にショートとして
入る上に、蝶野らより過去の物語なため、脇役たちも異なります。
三ヶ月空くだけで自分は覚えられなかっただろうから、
なのでちょうどよかったなあと。


おそらく、3カップルのうち、BLのカップル記号的には
志田たち(面倒見がよく硬派な志田と頑なな美青年メガネ響川)が
ポピュラーだと思うのですが、私は屋敷たちの物語が好きでした。

カップルのどちらともが美術学科で、
絵は自分を解放するためのもので自分の才能に頓着しない美延も、
成功していても天才ではない自分をわかっている、
それゆえに稀有な才能に無頓着な美延に鬱屈を覚える屋敷も、
芸術ものが好きな私のツボにどはまりだったからです。
本格的に道が分かれて行く大学生だからこそ、
彼らの若いもどかしさがひどく生々しく素敵でした。

それに、屋敷たちがパレス・シャングリラ五反田の土台を
つくったおかげで、蝶野、三木、志田、響川、
また他の愉快な仲間たちが出会えたわけですよね。

屋敷たちの物語で舞台の根幹が描かれていることで、
人と人が出会う場所となったシャングリラへの愛着が
さらに増しますし、またその舞台で2つの時代が
邂逅するという、素晴らしいフィナーレにつながります。
屋敷たちの話があることで全体が締まるこの構成もいい!
(武蔵野にあるのにパレス・シャングリラ五反田とはこれいかに、
という良い掴みもこの話で明らかになりますしね。)

これは高遠さんの『ホテル・ラヴィアンローズ』でも
同じような構成でしたが、私は各話の人物がじかに
交差する、楽園建造計画のほうが好きでした。


屋敷たちの話ばっかりとりあげてしまいましたが、
他2編もひやりとする切なさを感じさせながらも、
学祭のような明るい雰囲気、また、ゆったりとした
大学生の日常の雰囲気が描かれていて素敵でした。

大学生のあの頃を思い出したいときに読みたい作品です。
1〜4巻、まとめて読むことをオススメします!
| [BL・小説]高遠琉加 | 21:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:22 | - | - |