-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『楽園建造計画』1〜4/高遠琉加(依田沙江美) | main | 気にする悩む間違える常日頃 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『夜叉と獅子』/池戸裕子(羽根田実)
今朝は上司とエレベータで一緒になりました。
挨拶のあと、彼曰く、「aya-me君、あの本、どうだった?」

夏休み中に読みます、余裕ですと言っておきながら、
9日間も休みがあったのにBLばっかり読んでいて、
最終日に読み始めたら時代小説の漢字と人名の多さに
睡魔に負けてしまって、それ以降の通勤途中でも
BL優先でぜんっぜん進んでいないだなんて言えない!

「(BLのほうが)面白いので(BLを読む時間が)惜しくてゆっくり読んでます」

嘘はついてない、嘘は。真実を言わないだけで…腐腐。

さて、優先して読んでいたBLですが、
Charaのバースデーフェアで便乗買いしたら
意外と面白かったパターンの2冊目です。(1冊目はヤバい気持ち)
以下、感想です。




『夜叉と獅子』/池戸裕子
徳間書店 (2007/12)
【Amazon】


☆あらすじ
彫師の祖父の死後、跡を継いだ和久(わく)は、
ヤクザの若頭・島津の刺青を手掛けることになり、
同時に島津から後ろ盾の申し出を受ける。
しかし、密かに島津に憧れを抱いていた和久は、
囲いものになるのが嫌で辞退する。そんな時、
「刺青の図案に必要なデッサンがしたい」という和久の要望に、
島津はなんと男とのセックスの現場を見せ付けてきて……

*   *   *   *   *   *   *

池戸さんってわからねえ!自分にとって、
こんなに当たり外れの幅が大きい作家は珍しいです。

さて、彫師の和久の刺青フェチ…なんて横文字の表現では
すまされない、まるで熱病に冒されているような
島津も驚くほどの妄執っぷりがものすごいです。
なにはなくとも墨を入れた島津の背中を眺め、
触り、舐め、すりつけ、初めてのエロシーンでは
背中にすりつけて射精。コイツ、凄味があるッ……!

また、その変態の域が彫師という仕事にも発揮され、
ワーキングの面白さ・真摯さにも比例しています。
その筋の通った職人気質から来る矜持も、
島津を圧倒しかねないものがあります。
そして島津を求める女に同情など見せずに、むしろ、
見せつけるほどのドロドロの愛欲…確かに夜叉です。

彫師という職業を扱ったBLは他にもありますが、
和久がこれほどの刺青への情熱を持っていると
感じられるものはなかなかないと思います。


島津はそんな特殊な性質を持った和久に
だいぶ譲歩していますが、流されているような
ヘタレではなく、なかなかの漢です。

背中全体の彫りへの苦痛に耐える豪胆さ、賢さ、人望と、
ヤクザに欠かせない強さを持っているうえに、
ストレートでない表現ながらも優しさもあります。
そう、彼の不器用なプロポーズは非常に良かったです。
「愛だのなんだのを囁く気にはなれなくても、
お前は手放したくないと思う」
「お前が望んでいるような関係には遠いかもしれないが、
その代わり一生飼ってやる。手元に置くのは
お前だけにしよう。それだけじゃだめか?」(P.228)
飼うって言葉に隠された愛情が、読んでいるとわかるんですよね…、
愛してると簡単に言わないのもまた愛情なり、です。


ひとつだけ贅沢を言えば、挿絵が奈良さんだったら
なおよかったかなあ……や、羽根田さんの刺青絵も、
まったく不足はないんですけれども。

で、さらに最後にオヤジ好きな男(不思議な日本語)の独り言。
和久の師匠かつ祖父は孤高の彫師だった(今は鬼籍の人)のですが、
実は同じような一匹狼の彫師・彫宮とは交流を深めていたのです。
しかも孫の和久に外弟子に行けと遺言を残していたとくれば、
どう考えてもラブな感情があったんですよね? ね!
彫宮の回想でもいいので、刺青に命をかけた男同士の
メンズラブ〜シルバーラブ……ダメでしょうか。


フェチでも彫師の仕事でもシルバーラブを妄想出来る点でも、
なかなか読み応えのある1冊でした。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:12 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:12 | - | - |