-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 気にする悩む間違える常日頃 | main | 2008年9月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『魔女の息子』/伏見憲明 【夏休み企画1-3】
はい、もうネタ不足になってしまったので小説です。
魔女の息子=Son of a bitch(同性愛者への侮蔑用語)って
単語をタイトルにしちゃう皮肉が好きです。

この作品、一応ゲイ(が登場する)小説ではありますが、
BLと異なるのは、ゲイである自分への葛藤や、
男同士の恋愛を受け入れる段階ではないということ。
(前者は最近のBLでは少なくなっている気もしますが)

もうすでに受け入れてゲイとして生きてきた男の、
その先のひとりの人間としてのお話なのです。
以下、感想です。




『魔女の息子』/伏見憲明
河出書房新社 (2003/11)
【Amazon】



*   *   *   *   *   *

「ゲイのフリーライター和紀の日常を描く。
老いらくの恋に燃える母親に接するうち、
彼の中で何かがうずき始める…」としかあらすじには
書かれていないのですが、たった167ページの中に
もっと色々なことや人々が描かれています。

そして、のっけからゲイ特有のハッテン場での
セックスシーンを除けば、以降はゲイ特有というより
誰にでも通じる、「生きる人々」を描いている気がします。

体は満たせても心は満たされない、40歳手前にして
仕事にも恋にもモラトリアムなゲイの和紀、
老いらくの恋に燃え、そして恋を失う母、
ゲイの弟と色ボケ(とは本人の言葉)の母を侮蔑して
自己を肯定しているノンケ脳バリバリな兄、
付き合う男にこだわるキャリア独身女かおり、
大胆な啓蒙活動にのめりこんでゆく女性活動家……

他にもゲイの世界と近い人々が多く描かれていますが、
みんな強烈で個性豊か、なのに読む人は必ず誰かには
共感しうるのではないかと思える、キャラたちなのです。
みんな何かを切り捨てて、何かを得て、傍から見たら
ひどく醜いことをしているのかもしれない。
それでも現実と折り合いをつけて生きていくさまを
見せてくれるからこそ、共感できるのかもしれません。


また、「生きていくさま」のうちに入るのですが、
その中でも大きなテーマになっているのが「恋」です。
40歳目前での和紀の恋愛観、その母の老いらくの恋、
かおりの徹底して理想を求める恋。BLのように
キレイな恋愛でないながらも、より一層生きる人間の
深みを描いていると思いました。
人が生きていくうちには、しちゃいけないこともするし、
絶対なんていえることなんか何もないのよ

ここまで言い切る和紀の母の人生観と恋愛の終わりは、
本全体で示す「生きること」そのものの象徴でした。

大人にならないと(私ももっと年をとってからでないと)、
本当には理解できないような恋が多いと思いますので、
40歳ぐらいになってから理解できる大人向けの小説かも。
あと20年ぐらい経ったら再読したいと思います。(サバ読んだ!)


簡単に癒されもしないし、楽しくもないですけれど、
生きようとする人間の迷いや愚かさを愛おしいと思える、
ゲイ小説に留まらない良い作品でした。
| [その他]BL以外の小説 | 20:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:03 | - | - |