-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2008年9月新刊購入予定リスト | main | 『水に眠る恋』/可南さらさ(円陣闇丸) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『のぼうの城』/和田竜
オノナツメさんの装画にひかれて上司から借りたこの本、
予想以上に燃え萌えでした。


『のぼうの城』/和田竜
小学館 (2007/11/28)
【Amazon】



無味乾燥で興味のなかった時代の歴史の中身が、
じつはこんな面白い話だったのかもしれない、という
新しい見方をさせてくれるのが私にとっての歴史ものの
楽しみのひとつなので、そういった点で非常に面白い話でした。

Amazon レビューによると、ライトノベル的、マンガ的だと
いわれているらしく、確かに表現に歴史もの特有の
においがしない小説だとは思いますが、もともとが
映画の脚本だった、ということもありますし、
エンタテイメントを求めるのであれば問題ないかと。

歴史そのものがファンタジー…といったら語弊が
あるかもしれませんが、時代の勝者側の誰かが書いた時点で
完全な客観はありえないし、史実(戦の勝敗とか)を
捻じ曲げるのでなければ、真の人物像などはどの説を
採ろうが確定ではないのだから自由でいいんじゃないかな。
(上司は人物像にうるさい反対の立場だったので
その辺が気に食わないようでしたが。)
そういった確定でないピースを組み合わせて、面白い作品に
なっていれば満足、というような私には満足でした。

前半はどうしても状況説明なので乗りづらいのですが、
後半の合戦のシーンからはスラスラぐいぐい燃え燃え!
数の少ないほうが多いほうに勝つというのは単純に
気持ち良いですし、非常に楽しい読書でした。

と、まあ、普通の感想はこの辺にして、
以下、萌え感想です。



まあ、マンガ的といわれても仕方ないほど、
キャラクタの描き方が映像的で秀逸でした。

(でく)のぼう様と嘲られ愛されている成田長親、
長親の幼馴染で一番の常識者・正木丹波守利英(以降、丹波)、
非力ながら武将として兵法を極めようとする酒巻靱負、
豪胆なのに実は妻に頭が上がらない柴崎和泉守(以降、和泉)、
武勇に優れ、後に秀吉の側室となりますが
のぼう様を慕っているツンデレ気味な甲斐姫、
歴史萌えな方にはご存知・秀吉側の石田三成&大谷吉継、
みんな本当に魅力的に描かれてますこと!
女性なんか要らないと思っているのに、甲斐姫が
ほとんど動かずに丹波と和泉を床に叩きつけるとこなんて
かっこいいと思っちゃいましたもの。

石田三成&大谷吉継コンビはもちろんいいんですけれど、
のぼう様と丹波のバランスに萌えてしまいました。
さしずめ、BL的記号で語るならば、
のぼう様はつかみづらいバカと紙一重の天然攻、
丹波は戦では武芸に秀でているのにのぼう様には
イライラさせられながらもなんだか気になる心配性受。

逆でも良いんですが、のぼう様と嘲られながら愛されている
キャラクタは、確かに(BL的にも)上の者の資質かと思います。
受けのほうが有能で攻めが人柄でひとを引き付けちゃう、
現代の社長×秘書ものが好きなら堪らない構図です。

起こる事件は合戦でスケールが大きいですし、
戦が終わった後の丹波とのぼう様の会話も、
丹波にだけは素直に答える態度が萌えました。
念友レベルの絆ですよ、この時代で40歳にもなって独身は。

というわけで、こちらの意味でも楽しく読めました。
普段のBLの感想より長いのは燃え萌えのせいとお考えください。
ミーハー歴史好き(私のような)ならオススメです。
| [その他]BL以外の小説 | 22:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:07 | - | - |