-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『のぼうの城』/和田竜 | main | 『銀盤を駆けぬけて』/春原いずみ(須賀邦彦) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『水に眠る恋』/可南さらさ(円陣闇丸)
こちらの本は某氏にオススメされていたのですが、
長いこと積読にしておりました。それだけなら
別に珍しくない(というのも失礼極まりない)ですが、
CDまでお借りしといて「原作読まないと聞く気になれない」と
小説&CDでダブル積みっぱなしでございました。
ダブルで積んでいた中での最長記録です。

本だけの積読なら最長記録はもちろん木原音瀬さんの
十何冊、そのうち新装版になったのが数冊、さらに
その新装版も積んでいるのが数冊……自分ながらバカだと思います。

まあ、話を戻すとして、掲題の作品ですが、
可南さんの作品の中で一番好みかもしれません。
以下、感想です。




『水に眠る恋』/可南さらさ
幻冬舎コミックス (2005/11/30)
【Amazon】



☆あらすじ
仕事で大学病院を訪れた上原尚哉(なおや)は、高校時代の同級生で
外科医になっていた久住廉(くずみ・れん)との再会に狼狽する。
なぜなら、かつて心を通わせながらも、ある事情で尚哉が裏切り、
別れた相手だったからだ。久住は屈託なく接してきたが、
二人きりになると態度を豹変させ、脅すように「償い」を求める。
身体を差し出せ、と―。別れてからも久住を
想い続けていた尚哉は、心を痛ませながら応じるが…。

*   *   *   *   *   *

いつもは可南さんの文章を回りくどく感じてしまい、(これは
もちろん個人の好み次第)、話に没頭できなかったのですが、
こちらの作品ではそれが気にならないほどでした。

あらすじのとおり、話は再会ものの見本みたいで、

すれ違い→断絶期間→再会→誤解がとけずにすれ違い

もうアンタ達はどんだけすれ違ってりゃ気が済むんだと
つっこみたいくらいですが、すれ違うだけの理由と、
それでも相手を求めるのに説得力がありました。

というのも、尚哉が誤解を受けた瞬間、つまり、
別れの直前ではその誤解は半分真実だからです。
男同士で好きだったから、廉の邪魔になるから…という
BL的にはしごくまっとうな感情以外にも、
誤解される覚えが確かに尚哉にはあったのです。
廉は相手を信じ切れなくておいたををしてしまいますが、
それも仕方ない気がする……これじゃあどこまでが
真実で、どこまでが嘘なのか、わからないもの。

嘘を信じさせるには真実を混ぜること、や、
恋は障害があるからこそ燃える(萌える)と言いますが、
これに似ていて、尚哉がとった行為が全て嘘ではないのが、
尚哉の苦悩と想いを深いものにしている気がします。

そしてそれが、この再会のすれ違いの説得力を増幅させて、
互いを想っているのに偽りの関係を築き、またすれ違う、
その過程をより面白くしてくれていると想います。
もちろんその誤解がとけたあとの開放感と爽快感も良かった!


後半のほろ苦スイーツラブ(これあらすじの最後の候補に
どうでしょう)編も、そんなにうまくいくわけねえ!と
思いつつ、ようやく尚哉が定義した「幸せ」の形に
おさまることができてなによりで愉しめました。

まあ、ひとさわがせな妹を除けば、ですが。
妹の言っている事はおそらく正論ですけれども、
兄の望みがエゴなら妹の望みもエゴでしょうに。
(最後には自分で悟ったからいいですけれど……)

円陣さんの装丁&挿絵も素敵だし、遅ればせながらオススメです。

P.S.
実は今日も抜歯して血がぽたぽたです。(上なので比較的マシ)
明日、もしかしたら明後日まで休むかもしれません。お知らせまで。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 23:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - |