-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『水に眠る恋』/可南さらさ(円陣闇丸) | main | 『ウィルトゥース』/田亀源五郎 【夏休み企画1-4】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『銀盤を駆けぬけて』/春原いずみ(須賀邦彦)
今週は総じて不安定な天気、でも今日は晴れ間もあり
これ幸いと古本を売ったり買ったり新刊を買ったりしていたら、
とつぜん雨がドシャッと降ってきました。

これは大変と手に抱えた本の入ったビニール袋の口を
ガッチリと閉め、鞄に包んでなんとか事なきを得ました。
本好きはみんなそうだと思いますが 自分<本 ですよね…。
空間の大半を占められようが代わりに自分が濡れようが、
それをむしろ喜んでいるあたり、本(複数可)×本好きと
言えなくもない、なんて考えてる自分が好きです。

さて、蒸し暑い一日でしたが、この本のおかげで
少し涼しさを感じられたかもしれません。
以下、感想です。




徳間書店 (2008/8/27)
【Amazon】



☆あらすじ
男子フィギュアスケートの世界選手権大会で、
優勝目前に大怪我を負った妹尾優希(せのお・ゆうき)は
その1年半後にリングに再度立った。怪我で将来性がないとされ、
誰もコーチにならなかった妹尾のコーチを買って出たのは、
元アイスダンスの天才スケーター水澄雅興(みすみ・まさおき)。
水澄は気が強くて生意気な“ジャンプの申し子”に、
なぜか「四回転は封印する」と宣言し、反発する優希を
基礎練習から毎日厳しく指導するが……

*   *   *   *   *   *

タイトルとあらすじどおり、フィギュアスケートものでした。
コミックスなら藤たまきさんの『プライベート・ジムナスティックス』が
ありますが、もしかして商業BL小説で初めてな題材かもですね。
(他にありましたらご存知の方はお知らせくださいませ)

春原さんはにわかスケートファンではなく、あとがきで
「五十嵐文男選手(1975〜82年ごろに活躍。Wiki調べ)を
現役で見ていた」と年齢をばらすような告白をしているほどで、
知識や技術などは解説無しでガッツリと描かれていました。
嬉しいながら用語がよくわからん私にはちと不親切でしたが、
今はすぐにネットで調べられるし、動画も探せば
すぐに見つかるからマイナス点にはなりませんでした。

水澄さん(真澄さんじゃないよ!)のきっつい指導シーンや、
精神のバランスが大きく演技に関わってくるがゆえの特性も
しっかりと描かれており、スポーツものとして楽しめました。
自分の精神との戦いが重要、と強調させるような敵(邪魔者)の
描き方もストーリーとうまく絡んでいて良かったです。

上記のように競技にかけるウェイトが大きいので、
BL的要素は弱めですが、恋して悩んで苦しんで、
競技の上でそれを昇華するさまは新鮮に映るBLでした。
芸術が入るぶん、芸術ものに近い感じがします。
なにせスポーツものなのに、あのシーンも雄くさい人間が
存在しないため、暑苦しくないもんね……。キレイなBLと
スケート選手の肉体、は親和性が高いかもしれません。


あと、作品自体とは関係ないんですが、そんなに
フィギュアが好きな春原さんが「今なら書ける」と思い、
編集のほうでも「今ならいける」と判断した、というくだりが
あとがきにあるのですが、この話も興味深いです。

たとえば10年前だったら……難しいかもですよね。
金メダル獲得のように、分かりやすく浸透するものが近年に
あったから、BLで商業的にOKな題材になったのかも。
オリンピックの影響力、BL的にも恐ろしや。

暑い日にこそ、涼しくなるBLも一興かと想います。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:23 | - | - |