-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ウィルトゥース』/田亀源五郎 【夏休み企画1-4】 | main | 『青空の澄んだ色は』/天禅桃子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『恋愛小説のように』/春原いずみ(香雨)
先日感想を書いた『銀盤を駆けぬけて』を読んで、
ふいに春原さんの作品が読みたくなって、
既刊の1冊でも買おうかなーと思っていたら、
すでに積読してあったのでこちらを手に取りました。

そう、こういうときのためにとっておいたのよ!
ほーら積読って素晴らしい!……と言っても
誰も信じてくれなさそうですね、はい。
自分もサハラ砂漠の一粒の砂ほども信じてません。
一利あってもすくなくとも五害(場所、部屋が汚れる、
ダブリ、新刊が古びる、自責の念)はありそうだもんなあ。

ま、それはもう諦めるとして、芸術ものの感想です。




『恋愛小説のように』/春原いずみ
徳間書店 (2004/11/)
【Amazon】


☆あらすじ
昔、高校の宿題で書いた小説が、まさかの新人文学賞受賞!
その上その作品が映画化決定!!美大に進学した矢先、
作家の未来が拓けてしまった暁史。実は暁史は、
一流画家の幼なじみ・芦田に憧れて絵の道に進んだのだ。
違う道が拓けた暁史は、いつものように芦田に相談するが、
暁史に甘い芦田は映画化には珍しく否定的でつい反発してしまう……

*   *   *   *   *   *

一風変わった芸術ものでした。
懸命になって努力している絵画では全くうまくいかないのに、
乗り気でもない小説ではトントン拍子でいってしまいます。
絵画の道のほうが、好きな人との距離がより近いから、
絵画を優先したい、けれど小説には道が拓けている。
まだ若く、才能があるのかもわからないそんな段階で、
葛藤しながらも、道を決める暁史がカッコいいのです。

(成功したから選んだ、というと打算的なにおいがしますが、
暁史が小説を選んだ理由はそれだけでなく、
絵では今まで1度も体験したことが無かった、
とり憑かれるようにかきたくなった、という
体験をしてしまったためもありました。)

並行して進んだ、好きな近所のお兄ちゃんに冷たくされて
どうしようかと苦悩してきた恋愛模様も、芸術面での
葛藤と共に近づいたり離れたり、当て馬が出てきたりと、
話題が盛りだくさんかつ連帯感のある運びでした。

最終的には暁史が納得する形で、芸術の面でも恋愛の面でも
バランスがよい決着がつくのでよかったです。

結果論ですけれど絵画でうまくいかなかったことで
大きく成長できた(才能も恋愛も冷静な視点に立てた)ので、
むしろ絵で成功しなくてよかったのかもしれませんね……。
最終的に、夢中になれて成功したものを2つも手に入れたのですから。

そんなに人生甘くはないですが、だからこそ
ときにこんなに甘い話を読みたくなります。


さきほど当て馬と申しましたが、これまた暁史の芸術方面で、
映画化の話があるので俳優が男女ともに割り込んできますし、
学校の友人で認め合う仲の寶川という男もいて、
暁史がモテモテでございます。私の好みから言うと
多少狭量気味な芦田より俳優の塚本のほうがいいじゃん、と
思います。まあ、小説のモデルにしてしまうほど
芦田が好きなんだから仕方ないでしょうけれどね。
女はかなり根性悪でした。『銀盤で駆けぬけて』でも
そうでしたし、春原さんのには根性悪がひとりはいる気がします。

その気分悪さを除けば、芸術もの好きなので楽しめました。
同じような趣向をお持ちであればどうぞ。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:33 | - | - |