-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『恋愛小説のように』/春原いずみ(香雨) | main | 『ハピネス』/崎谷はるひ(せら) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『青空の澄んだ色は』/天禅桃子
ピュ……ピュアッ……!

あ、別に洗剤の宣伝でもないし、白濁液が飛んで
受けが喘いだのでもないですよ。
(ここですでにピュアじゃねぇ)

先に感想を書いた春原さんの作品もそうですが、
私の仕事でささくれ立った心は今、ピュア作品を求め、
読んで悶えたい衝動が来てるのかもしれません。
(まあ、そうでなくてもありますよね、
コメディ系が読みたくなったり、ハードな
シリアスが読みたくなったりするバイオリズム。)

そんな時期にぴったりのピュア作品でした。
以下感想です。




『青空の澄んだ色は』/天禅桃子
大洋図書 (2008/8/25)
【Amazon】


☆あらすじ
教師を目指す杉浦秀は、講師として小学校に赴任する。
そこで、秀が小学校の時担任だった深田龍二と再会する。
秀にとって、深田は憧れの人であり心の支えだった。
再び会えたことに驚く秀は、印象と違う深田に戸惑いを感じる。
しかし、次第に深田への想いは形を変えていき……

*   *   *   *   *   *   *

いやー、子供たちと受けがまずピュアなんです。
いまどきこんな子供たちがいるのかよと思うくらいに
みんな素直で、その素直さにきちんと向き合う秀も
いまどき見ない(偏見?)、好かれる先生ですよ。

で、その子供と向き合うまっすぐの力を深田にも向け、
適当な振る舞いをしている深田を揺さぶるのです。
深田の中核にある、意図的に隠していた(と言っても、
子供たちの鋭い勘はすでに見抜いますが)、
熱心な教師の面をひきずり出すんです。

その面を感じとり、少年時代に憧れていた先生のままであり、
また、一歩先を行く同僚として尊敬できるという新たな発見もあり、
憧れが好きにかわる過程をじっくり描いています。
子供のときの幻想からすぐに恋愛にいくんじゃなくて、
変わらないもの(深田)、変わるところ(秀の見方)とを、
思い出と現実の異なる側面から見て、現在の
「深田」を好きになる過程を描いています。

上げて落としてもう一度あげて、んもう、じれったい!と
叫びながら顔はにやり、萌えてしまいます!
互いがいい方向に影響しあえる関係って素晴らしいです。

最後の書き下ろしでも、自覚なくオヤジに影響を与える秀と、
そんな秀に敵わない、けど愛しいから勝てなくていいや、
といった表情の深田にひどくあてられました。
もう、どっちも影響させられちゃえラブラブカップルめ!と
罵りながら顔はにんまり、2人が可愛くてたまりません。


ま、じっくり描きすぎているのか、すべてこの2人だけの
話のわりに、いたすシーンが少なく薄いのですけれど、
十二分に楽しめました。頬に朱が差すだけで満足。
先月のdrapコミックスより、こっちのほうが好きでした。

ひとつ贅沢を言うならば、深田がわざと粗野な感じに
していたときは、もっとオヤジ臭くて不精ひげボーボーで
よれよれだったら嬉しかった。というのは単にオヤジ好きの
私の好みでマイナス点ではありませんのであしからず。

暑苦しい毎日に爽やかな気持ちを呼び込む最適な一冊です。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:34 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:34 | - | - |