-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『青空の澄んだ色は』/天禅桃子 | main | 『薔薇色の人生』/木原音瀬(ヤマシタトモコ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ハピネス』/崎谷はるひ(せら)
はるひん作品は顕著ですが、はるひんに限った話ではなく、
最近は本当に新装版が増えましたね。

良い作品が残る、伝わるのはとても良いことで
喜ばしいのですが、同時にこれだけ良作があっても
版元が潰れたんだよな、と少し哀しくもあります。

雑誌まで手を出したらお金も読む時間もなくなるし、
こうやって単行本を買うことぐらいでしか
応援できないのですけれど、どうか出版不況に
負けず、頑張ってほしいと思います……。

さ、暗い気分はこのへんにして、
高校生×父親代わりの新装版の感想です。




『ハピネス』/崎谷はるひ
幻冬舎コミックス (2008/7/15)
【Amazon】


☆あらすじ
流水純司(ながみあつし)が二十二歳のとき、若くして
亡くなった友人の忘れ形見・日置(ひおき)裕太を
引き取ってから七年が過ぎ、裕太も高校三年生に。
流水が若くして課長になれたのも、裕太を育てるために
頑張って働いた結果だ。健やかに成長した裕太は流水の自慢だが、
流水との距離を置きはじめた裕太が家を出ようとしていると知り……

*   *   *   *   *   *

以前、旧版もプレミア価格で買って読んだのですけれど、
そのときは「はるひんの年下攻めらしいなあ」と
思った程度だったので、書き下ろしがあるとはいえ、
あまり優先して読む気がせず積読していたのですが、
ものすごく新鮮な話として読めました。

なんでだろう、挿絵の効果…だけじゃないよな、と気になり、
ちょうど本棚に旧版があったので見比べてみましたら、
それこそ一目瞭然、だいぶ構成が異なります。

本筋は変わりないのですが、最初の書き出しから異なり、
セリフも場面描写も大胆に変更されています。
大人びていてもやはり本命には焦りを隠せない裕太、
仕事以外は幼く、そんな裕太に戸惑う流水を
よりこまやかでわかりやすく描写されています。
削られたシーンもありましたが、その分は心理描写と、
エロシーンの量でボリュームは増しています。

特定的で調べやすかったラストのエロシーンだけを
調べてみましたところ、旧版ノベルスは29ページ、
新装文庫版は43ページ。(いずれも挿絵はノーカン)

改行が多いから、版の違いによる1行の文字の量を考慮しても、
約1.3〜5倍はかたいでしょう。単純に数だけでも
そうなんですが、もう裕太がねちっこくなってること……。
書き下ろしも半分ぐらいはエロなので、改稿というより、
セルフカバーした新作といったほうがいいかもしれません。

(そういえば某腐男子さんに「作家ごとにどういうH描写かを
調べるのも面白いかも」と以前言われましたが、
同じ作家を時系列で見てみるのも面白いかもしれませんね。
久我有加さんなんてだいぶエロが増えた気がする……)


ここまで変えてしまうと賛否両論かもしれませんが、
5年以上も前の作品なんてばっさりと直したい気分も
分かりますし(私でさえ、このブログの2年前以上の
感想は全部書き直したいぐらいです…)、
こちらのほうがより楽しめたし、売れっ子なのに
こういう手を抜かない丹念さが嬉しいです。

この新装版は書き下ろし追加以外にも、
新しく買って読んだ価値がありました。
旧作を未読でも既読でもオススメしたい1冊です。
| [BL・小説]崎谷はるひ | 20:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:33 | - | - |