-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ハピネス』/崎谷はるひ(せら) | main | 『どうしても触れたくない』/ヨネダコウ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『薔薇色の人生』/木原音瀬(ヤマシタトモコ)
分厚いッ!
書き下ろしがあるとはいえ新書で 350ページ弱、
お値段漱石さん以上の本はめったに見られませんね。
あ、今は野口さんか……。

挿絵も時のひとのヤマシタトモコさんですし、
そういやホリーノベルスでも日高ショーコさんや
鈴木ツタさんなど、普段挿絵をしない作家を
ばんばん使う事といい、木原さんは別格扱いですね。

さてこの作品、木原さんにしてはだいぶ甘め?な
ラブラブ作品でした。以下、感想です。




『薔薇色の人生』/木原音瀬
リブレ出版 (2008/7)
【Amazon】
(なんで品切れなの?)




☆あらすじ
愚かな生き方のせいで、家も家族もなくしてしまった百田(ももた)。
ムショから出て、生きていても仕方がないとやけになりかけた時、
偶然に通りかかった警官に制止される。生真面目な正論に腹を立て、
その警官・浜渦論(はまうず・ろん)に「抱かせろ」と
無理難題をふっかけるが、彼はすべてを投げ打ち、百田を救ってくれた。
そんな彼のために生きることを誓う百田だったが……。

*   *   *   *   *   *

デブだの片タマだの、色々と書いてる木原さんですが、
今回はダイレクトに「不細工」でございます。
「セカンド・セレナーデ」や他の作品でも並か、
それ以下の容姿のキャラは数多いですが、
ここまで不細工扱いしているのははじめてかも。

不細工なだけでなく、愚かでみっともなくてヤク中で
前科三犯だった百田ことモモちゃんは、クズ扱いされ、
6年前に死にかけたところを浜渦論ことロンちゃんに救われ、
今はデリヘル(っていうのかね?)のマネージャという、
どうみたってBLの攻めには失格なキャラです。


それでも読むうちに彼のことを、魅力的に感じ、
愛おしく思えてしまうのはただひとつ。
ロンちゃんへのひたむきさです。

ロンちゃんを好きになり、彼に捨てられたくない一心で、
ヤクもやめてきちんと定職に就き、おまけに、
ロンちゃん(刑事)の手柄になればとヤクのルートを
調べるために危険を冒す姿は涙ぐましいほど。
ロンちゃんはモモちゃんにとって「格別」なのです。

よく恋愛と宗教は似たものだなと思うのですけれど、
悔い改めてロンちゃんをただひたすらに愛し、
ロンちゃんのために尽くせるということは、
神を純粋に信じられる幸福と同じなのかもしれません。
私にはできないからこそ素敵に思えました。


ただ、宗教と異なるのは、ロンちゃんも人間なわけで、
モモちゃんのひたむきな思いがロンちゃんにも通じ、
また、ロンちゃんにとってもモモちゃんが
唯一無二の大切なものだとわかることです。
(それだからこそ聖書じゃなくてBL読んでるんだい!)
特にロンちゃん視点の話は、モモちゃんを好きになる瞬間や
愛しいと思う瞬間にすごくリアリティがあって、
とても温かい気持ちになりました。

不細工だろう前科者とだろうと、そんな観点で見ず、
自分に化学変化を起こしてくれたモモちゃんを
大切に思うロンちゃんは……変人だけど男前です。
生真面目すぎるプロポーズも最高でした。
「僕が六十になって退職したら、結婚してください」
いやー、いままででベスト5に入るプロポーズです。
ぜひ六十歳になってもいちどプロポーズするロンちゃんを
見てみたいと思うのはオヤジスキーなだけではあるまい。


お互いにとって「格別」な相手といられることが、
「薔薇色の人生」なのかもしれませんね。

暴力沙汰があったり、悲しいシーンもあったりしますが、
2人の間であるんじゃないのでまだ耐えられました。
livedoorやe-honには在庫があるようですので、
もし興味をもたれましたらそちらでどうぞ。

P.S.
ロンちゃんの先輩・甚呉がパイズリ好きときいて、
「……そんなことをして、何が楽しいんですか?」
言い放つロンちゃんですが、それに対し甚呉曰く、
「たっ、楽しいもんは楽しいんだよっ。馬鹿野郎!」まさに正論。というか、ロンちゃんも人のこと言えない(笑)
| [BL・小説]木原音瀬 | 21:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:03 | - | - |