-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『薔薇色の人生』/木原音瀬(ヤマシタトモコ) | main | 『獅子は獲物に手懐けられる』/榎田尤利(志水ゆき) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『どうしても触れたくない』/ヨネダコウ
感想に入る前に、1つお詫びをしなくてはなりません。
以前にこの作品をしろくまさんやいるかさんにオススメされ
(このHNが続くと、私が電波なひとみたいですね)、私は
「挿絵なら何冊か手にとった」と書きましたが、
タクミユウさんと完全に勘違いしていました。
本当に申し訳ないです……。

でもね、カタカナ著者名が増えたのも一因だと思うの。
ヤマダサクラコとヤマシタトモコとかまぎらわしいでは
ないですか! カタカナ語が覚えられない人間に
優しい社会を望む所存でございますがイッツ言い訳です。

さて、流行ものを追ってみましたが、うん、
面白かったです。以下、感想です。




『どうしても触れたくない』/ヨネダコウ
大洋図書 (2008/9/1)
【Amazon】


☆あらすじ
新しい職場に初めて出社した日に、嶋はエレベーターで
二日酔いの酒くさい男と一緒に乗った。
それが、新しい上司・外川との出会いだった。
無遠慮で図々しいように見えて、気遣いを忘れない外川に
惹かれる嶋だが、傷ついた過去の経験から一歩踏み出せずにいる。
一方、忘れることのできない記憶を抱えながらも
外川は傷つくことを恐れず、嶋を想う心を隠さない。
好きだけど素直にはなれない不器用な想いの行方は?

*   *   *   *   *   *

「シンプルなストーリーの中に、恋愛の切なさが
ギュギュッと詰まってます。」
と木原さんの帯が
言っているように、あらすじ以上のストーリーを
説明する必要がないほど単純なお話です。
しかし、シンプルなわりにはギュギュッと詰まっていて、
内容がだいぶ濃く感じられました。

いろんなところで感想も書かれていますので、
内容の面白さの感想や2人が抱えた過去に
ついての感想は放棄するとして(……)、
なぜ濃く感じられたのかについて書いてみますと、
この方は場面の見せ方が独特…というか、
映画的と言ったほうがしっくりくるかもしれません。

・最低限のキャラの動き(下を向く、目をそらす)を
 固定カメラから撮って感情をあらわす
 (よしながさんのマンガもよくこれを使っている気がする)
・同じ場面をズームアウト→インする
・同じ場面を視点をいくつか連続で切り替えて映す

以上のような理由に加えて、普通だったらモノローグを使って
あらわすような感情の動きを、絵を何枚も使うことで
表しているので、モノローグが少なめなのも映像的でした。
(嶋の感情的なモノローグが割合多い気がしたけれど、
逆にそれ以外の誌的なモノローグとかほとんどない)

感情を表す瞬間を的確にとらえたコマの多さ、
余韻を残す、多くはないモノローグ。これらによって
この単純なストーリーに対して読後に感じる濃さが
思っていたよりあるのかな、と思いました。

ちなみにエロの隠し方も映像的と申しましょうか、
ぼかしで消すんじゃなくてハリウッドのベッドシーン、
陰影や角度で大事なところを見せないタイプです。
バッチリ描いて修正、よりなぜかこっちのほうが
エロく感じるんだけどなぜなんでしょうかね。
人工的な作為(規制)を感じないせいかしら。


ちゃらんぽらんに見えて仕事が出来てエロくさい
外川さんはオヤジ候補としてオヤジスキー心にも
触れるいい作品だったのですが、一点だけ気になったのは、
肩甲骨が微妙に平べったく感じたところ。
すみませんね、男の浮き出た肩甲骨というパーツが
好きなものでちょっと気になってしまいました。

秋の夜長にぴったりの、じっくり味わえる作品かと思います。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:11 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:11 | - | - |