-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『どうしても触れたくない』/ヨネダコウ | main | もしもブログが >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『獅子は獲物に手懐けられる』/榎田尤利(志水ゆき)
三本目の抜歯が終わりました。
これで親知らずを抜き終わりスッキリ。
見せてもらったら歯の裏側が虫歯で黒ずんでいまして、
もう少し悪化してたら砕いて抜かなきゃいけないところでした。

しかし、もう慣れてきたとたかをくくっていたら、
やっぱりズキズキと痛くて、痛いものは痛ぇー!
痛みに慣れたつもりでも肉体的なもの、精神的なもの、
トータルで痛いですね。

さて、今日のエダさんも痛々しい話でした。
以下、感想です。


【Amazon】




☆あらすじ
呼吸器内科の医師である鶉井千昭(うずらい・ちあき)は、
ある夜、帰宅したとたんに突然見知らぬ男に襲われた。
それが会員制デートクラブ『PET LOVERS』のライオン、
蔵王寺真(ざおうじ・しん)との出会いだった。
千昭の義兄に見えない鎖を繋がれている千昭と、
金で愛を売る不遜な真は義兄の企みの下、
不本意な出会いを果たすようになるが……
   
*   *   *   *   *   *

痛い、と前評判を聞いましたが本当に痛かったです。
カップル候補でもない第三者(義兄。当て馬ではない)に、
これだけ肉体的にも精神的にも、まさに陵辱と言えるような
痛めつけって、エダさんだけならずあんまり見ないかも。

そもそも、BLにおける凌辱のうちの七割は、攻め本人に
よるもの(二割は攻めに敵対する勢力、残り一割がその他。
私の直感調べ)だと思います。で、凌辱はしても、
だんだんと攻めの愛情が見えてゆくような描写に
受けが許すようになる、というのがセオリー。

ですが、この作品では凌辱する人間を攻め以外にしています。
それで千昭を救う真のかっこよさはもちろん引き立つし、
幼い頃の負い目を気にして、エスカレートしたDV同然の
暴力に脅える千昭の心情もよくわかるのですが……
残念ながら、あまりにこの義兄が気分悪いのです。

この義兄は、千昭が原因の身体的な傷跡の罪悪感を千昭に植えつける、
権力をかさにきる、千昭になついている自分の実の妹を
えさにして千昭を脅す、他にも諸々あるのですが、
一番最悪なのは傷跡のせいでトラウマになったとほざきつつ、
全然トラウマになんかなっていないことです。

むかつくー!こういうタイプっておなかが痛いふりして
駅のトイレで先を譲ってもらってほくそ笑むタイプだわ!
傷跡は可哀相だけどまったく同情する気になれない最低な奴です。


だもんで、こんな義兄をもった千昭が苦悩しているとき、
後ろ向きな千昭の思考を明るい方向へ向けさせた真、
そして一匹の獅子として立ち向かおうとする千昭の決断は
かっこよかったのですが、脇役が悪目立ちしすぎたのが
もったいなかったなと思います。

もったいないと言えば、タイトルもちょっともったいない気が
しました。仮題だったときは『ライオンとガゼル』で
特徴的だったのに、『獅子は獲物に手懐けられる』だと
ありがちなBLのタイトルに見えてしまって……。
まあ、鶉井はガゼルではなく本質はライオン、だったから
ライオンとガゼルじゃ本質に合わないかもしれませんが。

同じ著者の同じ尿を使った描写があっても、
不細工特集のほうでは萌えたのに……不思議でした。

エダさんにしては珍しく人を選ぶ作品だと思います。
年下ワイルド系攻めが好きなら大丈夫かと。
| [BL・小説]榎田尤利 | 23:31 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:31 | - | - |