-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋のこもごも | main | 『スウィート・スイミング』1・2/剛しいら(とおのぐり太) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『死ぬほど好き』/山田ユギ
書いていた記事が消えてしまってだだへこみを
したことが何回かあるんですけれども、
あるときを境にそれを反省し、テキストエディタで
作成してからコピーするようにしたのです。

が、コピーした後にテキストエディタを保存しないで閉じて、
コピーしたほうを整えていたら前に戻っちゃった、
というおバカなことをしでかしてしまいました。

そこまでやっちゃうともういいや、ってなるのですが、
でも書きたいほどに面白かった作品でした。
以下、感想です。


ユギさんの作品について感想を書こうと思うと、
どれが好きか、という観点でしか書けません。
「かわいさと せつなさと ほほえましさと」
(篠原○子のオンリーワンヒット曲に乗せてください)、
表情もギャグもセリフもすべてが極上なんですもの。

なので、どれが好きかと申しますと、下から、
5・『青くてゴメン』
4・『死ぬほど好き』『好きすぎて嫌い』『10周年おめでとうマンガ』
3・『女にしかわからない』
2・『愛がどうした』
1・『明烏』『夢淡雪』
でした。もちろん、出来不出来の順じゃありません。

『青くてゴメン』は大学ボート部所属でボート一直線の男と
その彼を一直線に好きになった男の青春と恋愛の話で、
ちょっと『俺は悪くない』を青春よりした感じで爽やか。

『死ぬほど好き』シリーズでは、大学受験の時期の
高校三年生2人が、他人に振り回されるうちに
自分たちの思いを確かめてゆく作品です。
『10周年おめでとうマンガ』ではその後も順調に(?)、
事情に振り回されながらも育んできた関係を
描いた作品で、幸せな読後感を味わえました。

『女にしかわからない』は、腐れ縁だと本人たちは
思っていたけれど、間に入った女性から見たら、
両想いにしか過ぎないというニブチン2人を
描いた作品で、めっちゃ笑わされました。

『愛がどうした』は竹書房のユギさん作品ではおなじみの
あのママのお店に通う、「我が家は楽し」の登場人物・晃太と、
店で出会ったオヤジが、晃太の父・円(まどか)の勤める塾で
生徒と先生として出会う話。ここでまさかリバるとは
予想外のところでリバでしたが存外に嬉しい!
メガネオヤジ、やりおるのうお主! いいえお代官様こそ、と
やり返そうとするラストの晃太もほほえましくて楽しかったです。

『明烏』『夢泡雪』は…好きすぎてこれだけで600円でも
買って損などないと思ってしまった作品でした。
新人の佐倉がラブホで男連れの上司(直ではない)・吉村と
ばったり出会い、興味がわいて自分から誘いをかける
作品なのですが…これ、落語の『明烏』とかけてあるんですね。

落語のほうは、道楽に興味のない若旦那が吉原へ
連れて行かれたところ、連れて行ったほうが
やりこめられてしまうくらい、嵌っちゃう話でして、
それが飄々オヤジの吉村にはまってしまう佐倉と
リンクしてるんです。言い表せないほど見事!

『夢泡雪』は知らんなあと思い、調べてみたところ、
『明烏夢泡雪』という浄瑠璃の演目にかけてあります。

元ネタは嵌っちゃった若旦那は金がなくなり、遊女は客をとらず、
互いにどうしようもなくなって駆け落ちしようとしたら
実はそれも夢でした、という夢オチ話です。
(落語の『明烏』の元になった作品なのね…知りませんでした。)

で、吉村が事後に泊まらずさっさと帰ってしまうのは、
佐倉との邂逅が夢オチだったら嫌だよね、という、
『明烏夢泡雪』を逆さにした内容なのでした。
それに加えて、なぜか都々逸も出てきたんですが
飄々オヤジの真情を表しているようで、
もう、エロさと切なさの共存が素晴らしすぎます。


今、ユギさんは、雑誌ピアニシモでしをんさんの作品を
コミカライズしてますが、いつか剛しいらさんの
『座布団』シリーズをコミカライズしてくれないかなあ……。
そしたら一生かけて読みつくすんですが。

指が動くのにまかせて長くなってしまいましたが、
結論として、今更いうまでもなくオススメです。
| [BL・コミック]山田ユギ | 21:05 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:05 | - | - |