-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『死ぬほど好き』/山田ユギ | main | 映画 『ぼくの大切なともだち』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『スウィート・スイミング』1・2/剛しいら(とおのぐり太)
読書の秋といっていいほど朝晩が涼しくなってきた昨今、
なのに本を読みたくない時期です。

読みたくないというより、ゲームをやりすぎて
それ以外のことが手についていないというか…
このBlogの更新がなくなったら、廃人になったとお考え下さい。
あ、といってもオンラインゲームとかじゃないので、
一時期を過ぎれば中毒はなくなると思うんですけれど。

ま、そういうわけで、すると濃くなくてらく〜に
読めそうなものを手にとりたくなるわけで、
2冊×105円=210円で購入したこの作品を読んだのですが…。
以下、感想です。



画像は1巻です
『スウィート・スイミング』1・2/剛しいら
小学館 (2000/9-10)
【Amazon】1巻 2巻





☆あらすじ
高宮始はこの辺りでは進学率の高さと卒業生の有名人の
多さでと有名な私立高校の1年生で、水泳部所属。
けれど部活も盛んだったのは大昔の話、水泳部が地区大会で
惨敗を喫した翌日、憧れの2年の先輩、山野辺先輩と始の
2人以外は全員退部したという。部員が6名以上いないと
廃部になってしまうため、スポ根的競泳から転換したのは、
なんとシンクロ。新入部員の獲得に始は走り回るが……

*   *   *   *   *   *

以前に読んだことのある本でした。
記録も撮っていない頃に読んだ本で、たしか、
一人暮らしはじめたときに処分した本…懐かしい。

しかし、時間を置いてみて読んでみて知りました。
すごい。なにがって、剛しいらさんの着眼点です。

あとがきから見るに、おそらく皆さんご存知の映画、
ウォーターボーイズ(あの頃のブッキーと玉木宏は
美味しそうだった可愛かった……)は男子のシンクロを
一躍有名にした作品でありますが、それを撮った
矢口史靖監督と同じ番組を見て、一歩早く、
BLに男子のシンクロを取り入れているのです。
凄いですよね、シンクロのドキュメンタリーの次の年には
こうやって文庫として出ているというのは……。

どうしてもメディアの関係上、映像的な描写や
スケールの大きさでは映画には適わないのですが、
そのぶん、たった6人でのシンクロ(演技でも追加要員は無し)の、
仲間1人1人を描写する点では小説に軍配が上がります。
たった6人だけのシンクロも、すごく楽しそうで、
読んでいてこちらも楽しくなります。

登場人物は水泳部員が2人に、女にもてたい男子、
バレエの王子様(振り付け担当)、熱血スポーツ男子(力技担当)、
いじめられっこ(ジャンプなどの軽業を担当)、と
個性豊かなメンバーで、なかなか面白い構成員です。

もちろん仮にもBLなので、山野辺先輩×始、
熱血スポーツ×王子様というカップリングはあるのですが、
パレットだけに、学園生活あり、合宿あり、青春あり、
エロなし、という、現在ではあっさりすぎる作品です。
が、おそらくは戻ってこない、学園ものが流行した当時の
主流を、パレットらしさをあらためて心地よく感じました。
当時から幅広かったんだなあ、剛さんは。
いまでも書き続けておられることに感謝です。
(著作が多すぎてついていくの大変ですけれども…‥)


高校生ものは、高校生を過ぎた身としては、
自分の高校生のときの気持ちを重ねて読むのですが、
今回は「高校生を懐かしみながら読んでいた当時」を
さらに懐かしみながら読めていい読書ができました。

思い出補正がかかっているのでオススメできるか
わかりませんが、唯一(?)のBL版男子シンクロが
気になりましたらどうぞ。
| [BL・小説]剛しいら | 23:55 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |