-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『スウィート・スイミング』1・2/剛しいら(とおのぐり太) | main | 『ラヴソング』/義月粧子(あじみね朔生) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画 『ぼくの大切なともだち』
昨夜、雷雨でびちょびちょになって帰ることになったのは
不運でしたが、今日は↑の映画を見る予定だったので、
早く過ぎて行ってくれてラッキーでした。
朝10時からの1回しかやってない映画って……。

タイトルからして友情以上の匂いがぷんぷんするぜェーッ、
というこの作品なのですが、腐観(俯瞰のもじりで
高いところではなく腐った目で見る。もちろん造語)を
しなくても、じゅうぶん匂いのする映画でした。

公式サイトはこちら。(わざとリンクはってません)
http://www.wisepolicy.com/mon_meilleur_ami/

あらすじ……フランソワは、自分の誕生日のディナーに
集まった全員から「お前の葬式には誰も来ない」と言われ、
ショックを受ける。それに反論しているうちに、
「10日以内に親友を連れてくる」という賭けをする事に。
早速、友人たちにコンタクトを取るフランソワだが、
そこで誰も彼を親友どころか友人とも思っていないと思い知る。
そんな時、タクシー運転手のブリュノの親しみやすさを目にした
フランソワは、人と仲良くなるコツを彼に教えてもらうことに……

*   *   *   *

頑固に仕事一徹、他人に興味がなく過ごしてきた男が、
友人を見つけるのは非常に難しいですよね、というお話。
仕事にかまけすぎて定年が近くなってふと気づくと、
仕事仲間以外はそばにだれも居なかった…というのは
日本でも定番ですが、フランスでも同じなんですかね。

友人だと思っていたのに自分しかそうと思っていなかった、
という怖さや、友人をつくろうとしてつくることの不自然さ、
そしてその難しさがよく描かれていました。
利害関係や欲がない分、難しいんですよね……。

愛よりも上位の「思いやり」と捉えられた古代の
感覚をたしかに思い知らされた気がしました。


で。主役のフランソワがすごく可愛いんです!
なんだかやることなすことが受受しいんですよね。
他人に興味がなく、無神経でツンツンしているくせに、
自分には友人は沢山いると思い込みが激しく、
友人(と思っている人)を訪ねて上から目線で「親友」を押し付け、
そこでつれなくされて相手を追いすがるもけんもほろろ。
そうやっていまさら真実を知り、他人や娘すら
思いやれない自分に気づいていく中年……萌えだ。
だいたい名前からして受受しくないですか?(偏見?)

クライマックスのエピソードはネタバレなので割愛しますが、
フランソワにとっての「ごめんなさい」が、
「恨んでないと言ってくれ」だったのが、
反省しても素直になれないフランソワらしくて良かったです。

そんなフランソワを変えるは人あたりの良い年下・ブリュノ。
実は彼は友人と妻に裏切られたバツイチで、
友情に関しては非常に傷つきやすい男なのですが、
面倒見がよく、こんなフランソワに丁寧に教えて、
ほだされるように付き合いをはじめていくのです。

うーん、あらすじとキャラだけでもBLくさいですし、
さらに、「賭け」であることが露見して友情の危機が訪れる後半も、
賭けをした友人たちを差し置いてふたりっきりの席で
言葉を交わす後日談も、ちょうどいい香りを残しています。

でもこれ以上を描いて欲しいとは思わないんですよね……。
BL作品でないなら、BL未満、けれど特別な関係、という
この程度でとどめてもらえると一番心地良いです。


匂いのする作品としても楽しめるし、もちろんそんな
フィルタがなくとも友愛の大切さを楽しめる良作でした。
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 20:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:35 | - | - |