-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 映画 『ぼくの大切なともだち』 | main | 2008年10月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ラヴソング』/義月粧子(あじみね朔生)
今日はまた雨でした。けれど、Amazonの荷物が
届いたので退屈することはまったくありませんでした。

雑誌はDear+ 10月号の夏目イサクさん、志水ゆきさん、
トジツキハジメさん、西田東さん、窪スミコさんの作品、
麗人Bravo!の山田ユギさん、井上佐藤さん、鬼嶋兵伍さん、
深井結己さん、吉池マスコさん他もろもろを
午前中いっぱいかけて読み、午後はうつらうつらしながら、
購入予定表から漏れていた「生まれ星」/明治カナ子さん、
「風が強く吹いている」のコミカライズなど、
4冊をじっくり読めて、いいお休みでした。

で、新作もいいけれど旧作もね、ということで(脈絡ねぇ)、
義月さんの旧作を読んだら面白かったので感想です。




『ラヴソング』/義月粧子
ビブロス (2002/01)
【Amazon】



☆あらすじ
そっくりの双子がいる祐介は、今まで誰も
見分けることが出来なかった自分たちを、
はっきりと見分けることができた兄の友人・大津を
好きになってしまう。その気持ちを隠すために
大津と距離を置き、趣味の音楽に没頭するが、
大津への想いを込めて作った曲が、片思いの転機になり……

*   *   *   *   *   *

あいかわらず文体がちょっととっつきづらいのですが、
攻めの大津のヘタレ度がツボにはまってしまいました。

最初はヘタレというよりも、義月さんの攻めらしい
無神経気味な大津は、祐介の双子の弟と祐介の家で
セックスしてしまうほど無神経で祐介を振り回してしまいます。

たとえ本当は祐介を好きで、その代わりだったとはいえ、
その行為にムカッとくるのですが、しかし祐介の音楽の才能が
認められてくるにつれて、逆に振り回されてしまうのです。

はじめに祐介に音楽を教えたのは大津なだけに、
祐介の成功を誇らしく思いながらも、どんどんと
先へ進んでしまう祐介に焦っちゃうのが楽しい!
紹介した友人とのレコーディングにまで付いて行くだなんて、
どれだけ祐介のことが大切なのやら。

極め付けには、「居てくれることが大切なんだ」と
祐介から諭されてしまうし……恋するみっともなさを、
最初とかなり落差をつけて描いているのが素敵でした。
天動説を逆転した地動説派の喜びってこんな感じかしら。

義月作品はどちらかというと受けが強かったり、
パワーバランスが揺れ動く傾向があると思うのですが、
それがずいぶんとはっきりしていました。

以前に読んだリーマンものもよかったけれど、
若さゆえのパワーバランスの変化、それに対する感情が
しっかりと描かれていて、これも面白かったです。


また、小説そのものには関係ないのですが、
200ページちょいなのに、挿絵が13ページもあります。
(普通ページ数に関わらずノベルスは10ぐらいですよね。)
あじみねさんが描く短髪で眉毛の濃い攻めらしい攻めが
個人的に好きなので、その点でも楽しめました。

あとがきで「まだ続きがあります」と書いてあるけれど、
続きは出ていないようですね…うーん、
祐介の兄編があるなら読んでみたいな。
6年前の絶版本なので、古本屋で見かけたら
ちょっとお手にとってみてくださいまし。

P.S.
いっつも思うことながら、書き下ろしのショートが
雰囲気違いすぎるのはどうにかならないのでしょうか。
「バンドやろうぜ!」みたいなこんな青々とした
青春の1ページにいきなり双子3Pを入れなくても…。
それこそ同人誌でもやってほしいと思ってみたり。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 20:47 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:47 | - | - |