-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2008年10月新刊購入予定リスト | main | 今月2回目の渋谷 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『デコイ 囮鳥』『デコイ 迷鳥』/英田サキ(奈良千春)
デコイは作中で解説されるとおり、囮の鳥の人形ですが、
カルドセプトファンからみると、どうしても
あのピエロっぽいクリーチャーが浮かんでしまいます。

そういえばカルドセプトDSが10月に発売ですね。
デッキのチューニングに徒に時間を費やす日々が
またやってくるのか……中毒者になりそうで怖いです。
もちろん、この小説とは何も関係ありません。

前評判の高さにどっきどきでしたが、
期待通りの面白さでした!以下、感想です。



 

『デコイ 囮鳥』『デコイ 迷鳥』/英田サキ
大洋図書 (2008/8-9)
【Amazon】『デコイ 囮鳥』 『デコイ 迷鳥』

銃を手に意識を取り戻したとき、安見亨はそれまでの記憶を
すべて失っていた。自分に怯える安見に名前を教え、
優しいが得体の知れない闇を感じさせる男、火野。
一方で高仁会元会長の殺人事件をめぐり、
那岐と加賀谷は調査を命じられていた。
過去と現在。そして、4人の因縁が交錯する……

*   *   *   *   *   *

感想を書くようになってから不遜にも
「あ、ここは使えそう」と頭をよぎるときがありますが、
それが読み終わるまで姿を現さないほど引き込まれました。

記憶をなくしたときに介抱された火野に
実はデコイとして操作されていた安見、
安見を優しく愛おしみ、いっぽうで、憎まれながら
愛されることを強く望むネジの外れた火野、
ネジを外せず、たとえヤクザでもギリギリのところで
生きてきた那岐、そんな那岐の傍にいようとする加賀谷。
どちらもサブとは呼べない両方メインのツインカップルに
緻密に織り込まれた因縁を、熱く描いてあります。

スジを知ってしまうともったいないので書きませんが、
そんな熱い展開をしつつ、2つの対照的なカップルを
2冊できっちりと描きあげているのがこれまた凄いのです。

この先普通の恋愛にはなるとは思えない不安定な火野×安見と、
なにがあっても一緒に居そうな加賀谷×那岐の対比の中で
両方に共通する「共に生きる」という答えを描き、
「ハードな環境における恋愛とは」という命題に
見出しているような気がしました。

ハードでもダークすぎれば後味が悪いと言うし、
ラブラブすぎれば温いと言う(言うのは私)、
その隙間を絶妙に掬い上げている作品でした。
たとえるならば、溶けはじめたバニラアイスをあつあつの
アップルパイの上にのっけて、ひんやりあつあつ、
サクッジュワッとろり、な味わいなのです。
(もちろん、この例は今日それを食べたから。即興的!)


私の好みはアップルパイの加賀谷×那岐なんですが、
バニラアイスの火野×安見があってこそだしなあ。
小冊子で後日談を読むとしたら、加賀谷×那岐のラブラブが
精神衛生上はいいのですが、火野×安見は、
愛憎を一心に受けて火野的には満ち足りた生活を送るか、
それともそれに付き合いきれず、安見が壊れているか、
とても先行きが気になります……。


延期があったり発売時期がずれたりとありましたが、
このクオリティなら文句を言う気にもなれません。
(積読していて被害が少なかったからというのもある)
いまさらですが今年のベストに入るべきオススメです。

P.S.
佐藤さんを小冊子で少しでもいいから幸せにしてあげてください。
| [BL・小説]英田サキ | 20:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 20:03 | - | - |