-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『デコイ 囮鳥』『デコイ 迷鳥』/英田サキ(奈良千春) | main | 『うそつき』/烏城あきら(桃月はるか) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
今月2回目の渋谷
今日は8割以上、逆転裁判ファンのかた以外には
あまり興味がなさそうな雑記です。

昨日、どうしても休みたかったのは↓の催しを聴きに行くためでした。

『逆転裁判 特別法廷2008秋 オーケストラコンサート』

もーチケット取れた日から夜どころか当日の
行きの電車の中でもぐっすり寝ましたが、
ほんとうに楽しみだったんです。

13:00開演の昼公演なのに、なぜか朝10時から
グッズ販売をしており、そんなに人気があるんかいな、
10時に行って人が居なかったら恥ずかしい……と
思いつつ、10時ジャストに買いに行ったら、
既に9時30分ごろのJ庭ぐらい並んでいてオバちゃん驚いたヨ。
だいたい今のワカモノが朝早くからおきてグッズを
買いに来てるだなんて思わないわヨアンタ、早起きは老人の
右に出るものはないんだからおとなしく寝てりゃいいワケヨ
もうこれでもくらいなカタカタカタカタカタカタ………

とひとりオバちゃんごっこをつぶやきながら、
ファン感涙のタイホくんストラップ、ファン爆笑の
オバちゃんのトートバックなどを購入しました。

ま、そのあと渋谷をぶらついて、11時からブクオフで
4冊ぐらい本を買ったり(ラヴァーズ文庫の105円の本を、
興味ないのに私が持っていない奈良さんのチラシが
入っていたので買ってしまった……)、カフェで軽食し、
開演20分前に再度ホールへ向かい、入場しました。

今回の席は、なんと1階の前半分の最後列、
しかも中央の通路のそばの席で出入りしやすく、
隣の人が来ず、ゆったり演奏を楽しめました。

演奏は…生はいいですね…ほんと……。
鳥肌が立ってしょうがありません。

ゼニトラもゴドーも御剣も綾里姉妹もオドロキ君も、
法廷組曲も新曲捜査官組曲もアンコールのなるほど君も、
そのほかのどれも素晴らしい曲ばかりでした。

しかも、それにあわせたゲーム中の映像まで流れて、
映像と音楽の融合にオバちゃんもう感動だヨ、だいた(略)

進行のメインがサイバンチョなので、どうしても
機械的に進んでしまうところや、今回はディレクタの
巧さんがいらしてないこともあり、ちょっと寂しい感じが
しましたが、幕間のなるほどくんたちの掛け合いや、
おみやげまであり、ヒマになる暇がありませんでした。

先日のゲームミュージックとあわせて今月2回目の
コンサートで、しかも両方良い席が当たってしまい、
非常に金銭的に厳しかったですが、お昼代を普段の半分で
頑張った甲斐がありました……素敵なコンサートでした。


あ、そうそう、NEW逆転NOT裁判プロジェクトの
第二弾は、なんと「逆転裁判×宝塚劇団」でした。
(詳しい記事がこちらにありました↓
http://www.famitsu.com/game/news/1218242_1124.html)

青×赤が舞台化来た!と思ったら、なるほどくんと
誰かのラブロマンスになるらしいです。
そりゃそうだよね、娘役がいないとダメだもんね……。
でも赤なら気性は姫だから男役が姫をやったって
よくないですか、ダメですか。いっそのこと、
ゴドナルとかオドナルとかだめですか(単なる欲望)。


頭に残る音を味わいながら、公演後はまんだらけへ。
沢山人がいたのでさっさと巡回し、1冊だけ、
かわい有美子さんの『EGOISTE』1巻を買いました。
735円は足もと見られて高かったですが、まあ定価以下だし、
これでクロスノベルス版で揃えられたので、
ようやく読み始められます…ちなみに、同人誌の
逆転裁判コーナーをのぞこうとしたら、あまりにも
CAPCOMの袋を抱えたお姉さまがたがいらしたので
やめました。みんな考えることは同じなんですのね。

楽しい思い出があれば頑張れる、その言葉を胸に
明日も明後日も明々後日も頑張ろうっと。
次の楽しい思い出づくりは…J庭かな。

☆おまけギャラリ



戦利品その1、
タイホくんストラップ。
今日から携帯につけてます。












戦利品その2、
左上からオバちゃんの
トートバッグ、
左下おみやげのCD、中央ブックマーク、
右が後ろからパンフ、
ブックレット、半券。





オーチャードホールにほど近い
カフェでのデザート。
まるまる一個のリンゴにラム酒と
シナモンをかけて焼いたもの(らしい)。
アマアマだったらどうしようと
危惧しましたが、リンゴがちゃんと
紅玉(だと推測していたけれど、
あかねが正でした。りんごだけに赤っ恥)で、
酸味と甘味がちょうどよかった。
ちなみに昨日のデコイの感想のモト。

 
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 22:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:37 | - | - |