-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今月2回目の渋谷 | main | 『新妻ふわふわ日記』/雪代鞠絵(あかつきようこ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『うそつき』/烏城あきら(桃月はるか)
ゲイでもBLでも人気(一部でだろうか)のガテン系ですが、
肉体労働者のことをガテンと呼ぶようになったのは
いつからなのか?とちょっと気になって調べてみたら、
リクルートの雑誌「ガテン」から来てるんですって。

雑誌「ガテン」の創刊(相姦が先に変換された私のPCは
色々とわかってる)は1991年なので、けっこう新しい言葉なんですね。
ブルーカラーでもほぼ同じ意味なのでしょうけれど、
「ブルー×ホワイト」よりは「ガテン×リーマン」のほうが
しっくり来るもんなあ…前者は戦隊ものみたいだし。
しっくり来るからこそ定着するんでしょうかね。

さて、ガテン系BL小説を書かせたら随一の、
烏城あきらさんのガテン系新刊です。




『うそつき』/烏城あきら
二見書房 (2008/9/22)
【Amazon】





☆あらすじ
夜逃げした両親に置き去りにされ、叔母に育てられた誠。
高校を中退し、高速道路のサービスエリアで天津甘栗の販売員として
勤める彼に声をかけてきたのは、若干二十三歳で運送業を営む輝夫だった。
休憩時間のトラックキャビンでの短い逢瀬。輝夫はためらいなく
誠を求め、誠は戸惑いながらそれに応えようとするが、
ある出来事がきっかけで輝夫の態度がよそよそしくなって…。

*   *   *   *   *   *

ツナギ!ツナギ!表紙からしていいですね〜。
外車でもしゃれた国産車でも軽でもない、トラックに乗り、
ツナギを着用する、正真正銘のトラック運転手攻めです。
それにくわえ、仮眠用のトラックの後部座席でいたすシーンもあり、
もうゲイ的なエロスとして、それだけでも大満足です。

さらに自分の好みの、ワルから更正して、けれど芯はやんちゃで
口先は苦手なぶっきらぼう、というツボを押さえた、
ガテン系にいかにもいそうな攻めの描写がたまりません。

久しぶりに攻めだけでハァハァできちゃうのですが、
そんな輝夫とつりあうだけの存在として
誠が描かれているのがなお素敵なのです。

といっても、攻受のポジションではなく、ひとりの男として
対等であろうとすることでつりあっているのです。

例えば、輝夫が会う時間を伸ばす為に激務をこなすのに対し、
誠は、高速代を出すことでデート代を伸ばそうとします。
これは、単に金銭で輝夫に通ってもらおうとするのではなく、
輝夫と過ごせる時間を伸ばすために労働の賃金を費やすのであり、
「労働」と「気持ち」という点で同等であろうとするのです。

また、遠距離で会えなくなってしまうならば、
一緒にトラックに乗ってしまえばいい、という考え方も、
単に庇護される存在として付随していくのではなく、
一緒にいられる時間を長くする方法であって、極めて、
心意気が同等であろうとする男同士ならではなのです。

サブカップルも含め、男同士ならではの関係を
描くのが、ぴかぴかほんっとうに素敵ぴかぴかでした。
滅多にしないフォントいじりをしてしまうほどに。

トラウマも仲違いの理由にはしても、それが全ての
悪因ではなく、相手を引きつけるに善因にもなっていて、
それでいてそのネタをひっぱりすぎないのもよかったです。


ただ…もし一点、願望を言えば、挿絵を内田カヲルさんが
よかったなあと思ったりね……筋肉のつきかたがちょっと
物足りなくて……雄くさ過ぎてBLとしてダメなのかしら。

というわけで、大満足の1冊でした。
こちらもシリーズ化してくれないかな…オススメです!
| [BL・小説]烏城あきら | 22:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:24 | - | - |