-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『うそつき』/烏城あきら(桃月はるか) | main | 『EGOISTE』1〜3/かわい有美子(石田育絵) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『新妻ふわふわ日記』/雪代鞠絵(あかつきようこ)
今日は映画「歩いても歩いても」を観てきました。
長男を失った家族のわだかまりを描いた作品なのですが、
激情ではなく燻るようにして息子への未練を残す母を
演じた樹木希林がすごい作品でした。
映画全体としてはしんみりなんですが、
母が淡々と語るシーンだけは背筋が凍りました。
邦画のこういう作品、好きです。

ちなみにアベちゃん演じる次男の「入れてよ」というセリフで
変に笑ったのは私だけでした。

さて、最近は家族を通り越して嫁ものBLが1つのスタイルと
なった昨今ですが、こちらの作品は風変わりで面白かったです。
以下、感想です。




『新妻ふわふわ日記』/雪代鞠絵
幻冬舎コミックス (2008/8/18)
【Amazon】



☆あらすじ
ハンサムな大学助教授・祐一郎と恋に落ち、
一緒に暮らし始めた17歳の真尋。慣れない家事に奮闘し、
夜のお務めに胸をドキドキさせる毎日は、真尋が夢見ていた、
愛する人との温かな暮らしそのもの、のはずだったが……

*   *   *   *   *   *

嫁ものってあんまり詳しくないんですが、
おそらく共通事項として存在するのは、
・裸エプロン
・夜のおつとめ
・浮気と誤解する/される
・男が嫁であることが問題にならない
・結局旦那とイチャイチャラブラブである
といったところでしょうか。
ちなみにこれは、この作品に書かれていることを
手当たり次第に書き出してみたらそうなったわけで、
つまりこの作品はベッタベタにお約束でした。

たまには自分の好みの設定でなくとも、こういういかにも
ベタな設定・記号を読むのは目新しいのでそこそこに
愉しんで読んでいたのですが、後半になると一変、
慎ましやかで三歩下がって控えるような真尋が、実は、
すごい経歴の持ち主で、危ない目にあう……
という展開にひきこまれてしまいました。

や、これもまたベタなのですが、ベタになりすぎずに
楽しめたのは、前半で「妻の務めを果たすことが最上の幸せ」と
悟っている真尋の考え方がうまく理解できるようになるからです。

真尋にはとある経歴があったからこそ、他人からは
お遊びと映るだろう新婚ごっこも、本人にとっては
大切な「居場所づくり」だったのだな、と理解したとき、
「くだらねえ(笑)」だけではない話として楽しめました。

くだらないことでもマジメにやっているとなると
別なんですよねえ…これが単に夫に対立する当て馬による
誘拐などだったらそうは思えなかったかもしれません。
真尋にはぜひ嫁としてこれからも幸せにすごしてほしいものです。


ちなみに、祐一郎さんはそうとうな変態紳士です。
17才の男子、しかも図書館で顔見知り程度だった真尋の、
「嫁になりたい」という突然の願いを受け入れてしまう
その行動からして32歳大学勤務の、いや、ひとりの大人として
どうなのよ? ですし、そんな初心な子をひとりじめするように
家の中に居させて、甘く虐めまくって愉しんでるんですから。
(書き下ろしではさらに顕著で、もはやドSの域です。)

まあ、彼が変態でなかったら、おそらく真尋は
幸せにはなれていなかったろうからいいんですけれどね……。


恐ろしくリアルな家族の映像を観た後だったことも
あるかもしれませんが、同じ家族(嫁でも家族)ものでも
軽くてちょっとおバカなこの作品、楽しめました。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 21:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:48 | - | - |