-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『新妻ふわふわ日記』/雪代鞠絵(あかつきようこ) | main | 『ただ、優しくしたいだけ』/水原とほる(山田ユギ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『EGOISTE』1〜3/かわい有美子(石田育絵)
読み終わってから「EGOISTE」のぴったり来る和訳って
なんだろう、と調べてみたら、「利己主義者」のエゴイストは
「egoist」で、香水のエゴイストは「EGOISTE」なんですね。
いまの今までしりませんでした。
と思ったら、
「EGOISTE」はフランス語と指摘をいただきました。
よく表紙を見たら、フランス語特有の…なんていうんだっけ、
ちょんちょんがついてましたね。ははははは!

まあ、フランス語としらなくてもイメージは「利己主義者」な
わけで、そのせいで「どれだけエゴイスティックなんだろう」と
期待してしまったひとがどれだけいることやら…、え、
私だけですか。ちなみに「EGOISTE」は好きでも嫌いでも
ありませんがあれをたっぷりと身につける男は嫌いです。

話がそれましたが、名作と呼ばれるにふさわしい作品でした。
以下感想です。




『EGOISTE』1〜3/かわい有美子
笠倉出版社 (2004/12〜2005/2)
【Amazon】1巻2巻3巻


☆あらすじ
はかなげな美貌をうつむきがちに隠した研修医の白井は、
新たな配属先の医長、古谷(ふるたに)と出会う。
冷徹で尊大な古谷の魅力に惹かれながらも、己の性癖を引け目に
思うあまり、自分の気持ちを臆病に認められずにいる白井だったが、
強引な古谷に絡め取られるように関係を持ってしまい…。

*   *   *   *   *   *

あらすじから予想していたよりも、エゴイスト、という
語感よりも、エゴイスティックに感じられませんでした。
(もともとの言葉の意味からしてそうなんですけど)

たしかに白井の性癖を暴くシーンや、古谷が白井を
同居させようとするシーンでは強引だったかもしれませんが、
白井に自分の都合だけを押し付けている、といった
印象はほとんど感じられませんでした。

それは、古谷がさびしさを抱えているからというのもあり、
また、白井も愛されたい気持ちを抱えていたからです。
たとえ強引であろうとも、のちのちの白井にとって、
古谷がどれだけ大切なひとになっていったか、
そしてどれだけ白井の精神、肉体が救われたか……。
私のとっての『ニューヨーク・ニューヨーク』ですよ。

終わりよければすべてよし、とまでは言いませんが、
白井を脅迫者から身を守ろうとしたり、また、
今でも爪あとを残す阪神淡路大震災の中で必死に白井を
探す古谷を見て、誰もエゴイストだとは思えないはず。

愛とは単なるエゴである、という考え方もありますけれど、
利己主義でも互いに尊重しつつ、それが利他行動でもあるなら、
素晴らしいことなんじゃないかな、と読み終わって思いました。
(まーなかなかそうはいかないから難しいんですが)


で、やっぱりこれだけお話が深く染み入ってくるのは、
かわいさんの文章によるところが非常に大きいです。
1行1行に情景が浮かび上がるというか、1行たりとも
読み逃したくないと思える文章なんですよね。
3巻の短編集も1つ1つにひきこまれました。

『BLなんて文章のレベルが低い』と思っている人には
ぜひこの作品を読んでほしいものです。

医者ものとしても理解できて興味深いといった
レベルで読めましたし、けちのつけようがないんですが、
1つだけ気になるのは、3巻のあとがきで、
「今回、『ラッフルズ・ホテル』という短編が外れて」と
ありまして、それは旧版の3巻を読めってことですよね。

まあいいや、旧版は比較的古本で手に入れやすいから。
それよりも新装版のはずなのにもう絶版とかありえないので
なんとかしてほしいものです……笠倉出版社は見切りが早すぎる。

大満足のシリーズでした!
| [BL・小説]かわい有美子(ゆみこ) | 22:51 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:51 | - | - |