-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『EGOISTE』1〜3/かわい有美子(石田育絵) | main | 『茨城さんと京橋君』2/椹野道流(草間さかえ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ただ、優しくしたいだけ』/水原とほる(山田ユギ)
今日も残業お疲れ様でした、とひとりつぶやきながら
家へ帰り、部屋に入った瞬間、本能的に感じたのは、
「あ、古本屋さん(新古書店でない)の匂い……」でした。

ここ数日雨が続いていたので、窓が締め切りだったというのと、
あまり家に居る時間がなかったので、私の体臭よりも、
本の匂いのほうが強くなっていたのでしょうか。
まあ、自分の体臭はよく分からないものなので、
贔屓鼻(?)はあるかもしれませんが、ちょっと
ほっとするような、落ち着く懐かしい匂いでした。

さて、今回の水原作品もほっとする匂いでした。
以下、感想です。




『ただ、優しくしたいだけ』/水原とほる
徳間書店 (2008/9/25)
【Amazon】





☆あらすじ
親から勘当されながらも、テクニカルライター兼トレーダーとして
悠々自適な生活を送っていたゲイの隆次だが、ある日、
長い間疎遠だったこちらもゲイの叔父が訪ねてきて、
1人の子どもを預かってほしいと頼んできた。
小柄で痩せっぽちの少年・アズ──ハーフで外国に居たため、
日本語も不得手な茫洋としたアズは、どうやら叔父の恋人らしい。
叔父に押し切られるまま、期間限定でアズとの共同生活を始める隆次だが……

*   *   *   *   *   *

あることが痛いだろうと予想して痛くなかったとき、
安堵を覚える一方で、肩透かしな印象をもったりも
するのですが、この水原作品、痛くはなかったわりに、
まったく肩透かしになりませんでした。良い作品でした!

それには珍しく、水原さんにしては一貫して攻めの
視点だけで描かれている、という理由もありました。
いまどきの自分本位な、独りでいることに
慣れてしまった人間の感情がわかりやすく描かれています。

というのも、自分もどっちかといえばパーソナルスペースを
侵害されることに過敏なタチなので、隆次の思考が
自分の思考を見ているようで、納得してしまいました。
なので、アズという空気を読まない行動ばかりする、
私も勘弁願いたい同居人をうっとおしく思いつつ、
しだいに手放したくなくなる感覚も共感しました。

親しくしたがらない人間は、仲良くなったとしても
離れていくことが怖いから、という理由が、
少なからずあると思います(私を含め)が、
その子供っぽいけれど誰もが味わったことのある、
普遍的な寂しさが描かれていました。
アズを「人を恋しいと思い、寂しがる存在」として描きつつ、
「最も寂しい存在」として隆次を描いています。

……あれ?これって、いつもの水原さんとかわらないような。
(いつも大抵攻めがひっどいことするけれど、もっとも
愛情に飢えているのはいつも攻めな気がします。)

結局、視点や描き方がかわっても、描こうとする「核」は
かわらないものなのかもしれませんね……、ただそれを、
新しい視点で読むことで、新鮮な感覚で読めました。
あ、あと実は隆次とアズがイトコなのも、
やっぱり水原さんの核なんだなあ、と思ったり。

わざとここに書いていない、けっこうシビアな展開も
ありますが、主題にはなっていないからだいぶ割愛しました。

水原さんのは最近似た傾向が多かったですが、
この作品は新鮮で心が温む作品でした。オススメです。

P.S.
隆次のセクフレも性器を割愛されてしまえばいいと思う。
| [BL・小説]水原とほる | 00:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:25 | - | - |