-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ただ、優しくしたいだけ』/水原とほる(山田ユギ) | main | 『ご奉仕させていただきます』/西条公威(島あさひ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『茨城さんと京橋君』2/椹野道流(草間さかえ)
金曜に奮闘するも、土曜出勤になるハメになり、
土曜も出勤するも、残業コースになるハメになり、
憂さ晴らしに同じく出勤していた先輩と飲みに行き、
かなり酔っ払ったため、日曜は二日酔いによる頭痛。
文字を読む気にならず、通販雑誌をたらたら読みながら
昼寝していたら、もうこんな時間でした。

もったいない!って気がした週末でした。
今週の本も買いにいけなかったし……。
来週こそは3連休をもぎとってみせるぞぉ。

そんななかやっぱり癒されるのはBL、
そんなときの椹野作品でした。
以下、感想です。




『茨城さんと京橋君』2/椹野道流
二見書房 (2008/9/22)
【Amazon】




☆あらすじ(前巻の感想はこちら
職場での友人から恋人へと関係を深めた耳鼻咽喉科医の京橋と
売店店長代理の茨木。茨木の穏やかな愛情に満たされていた京橋だが、
近頃気になることが一つある。それは茨木の秘密主義。
京橋のことはどんどん知られていくのに、茨木は自分のことを
あまり話さない上、未だに家も知らされないありさまだった。
そんな折、茨木の父親の容体が急変し、ついに帰らぬ人となってしまう。
こんな時こそ恋人として彼の力になりたいと思う京橋だったが、
茨木との恋愛観に大きな溝が発覚し……。

*   *   *   *   *   *

落ち着く……リーマンも嫁もガテンも好きだけれど、
椹野さんのどんな題材でも地道で落ち着いた
この味わいがときに恋しくなります。

今回の大きなテーマは恋愛観の違い。
いままではうっすらと感じていた些細なほころびが、
茨木さんの父が亡くなってしまったことをきっかけに、
大きな溝を生んでしまいます。

つらいときこそ共有したいと考える京橋君と、
つらいところは見せたくない茨木さん。

大切にしてもらってるからこそ自分も同じぶんを
返したいと思う京橋君の気持ちも分かるし、
大切な人だからこそ心配させたくないという
茨木さんの気持ちもよくわかる。

こういった価値観の違いはどっちが悪いともいえなくて、
すぐにどちらかにあわせることも難しいわけで、
だからこそそれが理由で別れたりするんですよね。

なので、別れてしまってもしょうがないくらいに、
危うくなってしまった2人が、その価値観の違いを理解し、
歩み寄れたのに、じんわりと感動しました。

確かに見せられて気分のいいものではないけれど、
頼りにされる、心の支えになれるということは
相手を好きならば、不快よりも勝る嬉しさが
あったりするんですよね、うんうん。
よく茨木さんはいい年なのに、京橋君の価値観へ
近づけることができましたねえ。年をとるごとに
そういった柔軟さがなくなっているので見習わなければ。

そのあとのラブラブHで発揮されたやんわりドSの
茨木さんも健在で、こちらも大満足です。

医者ものというBL定番の派手になりがちな舞台ででも、
こういった普遍なテーマをしっかりと読めて、
じんわり来る、それが椹野道流クオリティかなと。


ちなみに、彼らが歩み寄れた理由に、サブカップルの
楢崎(京橋君の先輩)とまんじ(病院の売店に弁当を
卸している定食屋店員)の働きもおおきいです。

茨木さんと因縁があったっぽい楢崎先輩が場を作り、
総天然色なまんじによるアドバイスがなければ、
ほんとうに別れていたかもしれません。
こんなにも応援してくれるオブザーバとアドバイザが
いるってのはうらやましい話ですね、とくにまんじが。

最後の小編でも視点の主になったまんじ、
草間さんのオマケまんがでも美味しいまんじ。
彼が主人公となった話を単行本で読みたいものです。

まだ未読でしたらぜひ1巻とあわせてどうぞ。
| [BL・小説]椹野道流 | 22:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:37 | - | - |