-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ご奉仕させていただきます』/西条公威(島あさひ) | main | BLマンガ読了メモ@2008.10.11 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『梔子島に罪は咲く』/綺月陣(高緒拾)
ちょっとだれですか、『ご奉仕させていただきます』を
新刊で買った気前のいい人は!(笑) 嬉しいやらなにやら。

あ、ほんとはとても嬉しいです。垂れ流しの感想を
読んでいただいた上に本を買う気になってくれることが!
これが一番ブログをやっていてよかったことです、ええ。

さて、今日も前回に引き続きエロ路線ではあるんですが、
あちらとは全く違った、どろどろのコテコテです。
以下、感想です。




大洋図書 (2004/12/20)
【Amazon】



あらすじ
高校時代の友人に誘われ、人気デザイナーの諏訪は梔子島を訪れる。
さびれて、なにもない、梔子だけが美しい島は、
昔より人身売買を生業とする者が暮らす女郎島であった。
女たちを買う友人をよそに退屈しきっていた諏訪は、
旅館の仲居からこっそりと男娼の存在を耳打ちされた。
驚くほど美しい少年がいる、と。その場を抜け出すための口実に
少年・崇生(たかお)に会った諏訪だったが、いつしか崇生に溺れ……

*   *   *   *   *   *

綺月さんのなかでもまれに見るドロドロのエロだなあと
思ったら、小説ピアスに掲載だったのですね……、
さすがエロがあればなんでもできるだけに納得です。

掲載された前半は、諏訪が崇生に堕ちてゆくだけのお話。
絶好調だった仕事も、自慢だった恋人も投げ出し、
ひたすらに崇生への欲を募らせて泥沼に落ちてゆきます。
肉欲に魅入られるがゆえに、堕ちてゆく男を描かせたら、
綺月さんはBL界で屈指なのではないでしょうか。
(恋焦がれるゆえに堕ちてゆくのは木原さんかな)
もうほんと執着を超えた耽溺のレベルです。

しかもその耽溺しきった男や、濡れ場の書き方も、
耽溺のレベルとつりあうほどのお耽美な雰囲気です。

終始退廃的な濡れ場なのに文学臭さを感じるのも、
ふたりだけにとってハッピーエンドな仄い終わり方も、
まさにJuneというにふさわしい耽美さと暗さがあり、
Juneテイストがお好きな人にはたまらないかと思います。


で、後半は書き下ろしだけにBL的な展開で浮上するのかと
期待していたら、さらに下へ下へと堕ちてゆき、
どうしようもないところまで堕ちます。
愛しいはずの崇生を、金のため他の男に抱かせる底の底まで。

もう読んでられないくらい気分のよくない話で、
通勤電車の中で読む本じゃねえなあと思っているのに、
この全体を包む饐えた退廃さから目を離せない、
としか言えない勢いで読みきってしまいました。
これだけ密度の濃いBL、いや、特濃な官能小説を
読んだ経験があまりないものですからすごく疲れました。

一応ラストの25ページで浮上して救いはあるんですけれど、
大した救いになっていない気がするのはなぜなんだろう……。
途中で理解を超えちゃったのに、突然BLの範疇に
近くなったハッピーエンドだからなのだろうか。


高緒さんの絵はテイストが合いすぎてて怖かったです。
裏表紙に描かれているカビて蟲が集っているパンや、
無垢なのか妖艶なのかよくわからない崇生の表情は凄い!

BLテイストが付け加えてあってもまったく拭えていない、
腐臭のするこの作品、試す機会があればどうぞ。
| [BL・小説]綺月陣 | 22:34 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:34 | - | - |