-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『梔子島に罪は咲く』/綺月陣(高緒拾) | main | 『Baby VOL.7 無機物推奨擬人化特集』/アンソロジー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BLマンガ読了メモ@2008.10.11
ここのところ日記系の記事がないのは、仕事以外で
なかなかどこかにでかけることがないからです。
BLの感想は2日に1冊くらいは書きたくなる本があるのですが、
逆に言えば、私の日常において読書(と仕事)以外には
あまり変化が無いということでもあります。

時間があれば出かけたいけれど平日の夜10時だとなあ。
クラブやカラオケみたいな賑やかなのは苦手だから
電車の中や寝る前にBLを読むのが一番楽しい、と悟った
霧立ちのぼる秋の夕暮れ。(さびしいわけじゃないです)

さて、今日はちょっとずつ書き溜めておいた、
最近読んだBLコミックの感想です。



1・『ふるえる夜のひみつごと』/小椋ムク

大洋図書 (2008/9/25)
【Amazon】

挿絵で気になっていた小椋さんの初コミックスと
いうことでご祝儀買いしたら、良かったです!

絵は整っており、チビキャラはとてもキュートです。
カップルは高校生×高校生が2編、不運な大人同士、
先生×高校生で、どこかで起こっていそうな日常の中に、
すこし切なく、けれどそれ以上の温かさがこめられていて、
読み終わるとぬくぬくとした気持ちになれました。

高校生同士もよかったのですけれど、不運な大人たちの
不器用でおかしくもじわりとくる感じが一番好きでした。

あと、このコミックス、帯も良かったです。
私は本の帯はどうでもいい、むしろ変なアオリとかは
萎えるのですが、これは帯の裏表紙側に可愛い4コマが
描かれていて、こういう帯だととっておく気にもなるなあ。


2・『刺青の男』/阿仁谷ユイジ

茜新社 (2008/9/26)
【Amazon】

刺青を持つ三人の男たちと、彼らに直接/間接的に
接触する久保田という男の話4編がメインです。

蛇龍どくろさんの「エンドレスワールド」でも思ったのですが、
こういったダークなエンドは、読むときの
精神状態によって評価が大きく変わる気がします。

作品の試みは面白いとは思ったんですが、3編をつないでいる
描き下ろしでの説明がちょっと不足じゃないかな……。
『火の鳥』の不死鳥の役割である久保田にしか分からない部分が
あるんですよね。(もちろん繋がりは理解できますが)
それに、幸せだった時間の描写があまりに少なすぎる、と、
ハッピーエンド好きの私は思ってしまいました。

もう1つのシリーズ、『はるのこい』『ゆめのあんない』は
いつもの阿仁谷さんらしいお話でした。
このテイストのほうが読んでて楽かな、やっぱり。


3・『僕のやさしいお兄さん』2/今市子

芳文社 (2008/9/29)
【Amazon】

(1巻の感想はこちら)


1巻に続き、相変わらず不遇な環境の聖ですが、
鉄平、彰人(実の兄)、母親、じいちゃんズ、
みんな勝手に動きすぎですから!!

恋愛以外の部分で明らかになっていく事実や、
嘘がしっちゃかめっちゃかに入り混じり、
それに巻き込まれてしまい、まったく聖の恋愛は
進んでいません。でも、それでもこの先がどうなるのか、
期待が止まらないのが今さんの作品らしくもあります。

ちなみに一番驚いたのは、やはりじいちゃんズの
関係が「単なる義理の親子」とはっきりしたことですね。
飄々と語ってるけど、どんな過去があったのかしら……。
若かりし頃のじいちゃんズの話も読んでみたいですね。
でもとりあえずは完結して、聖を幸せにしてあげてほしいです。


4・『悪魔とキスをする前に』/神楽坂はん子

新書館 (2008/9/30)
【Amazon】

オススメされた日に書店で見つけて
購入しました。読んだところ、
……なんとも言いようのない作品でした。


つまらないという意味では決してありません。
面白い、面白くないという意味では面白かったです。
ただ、攻めの理人と受けの櫂の関係自体が
なんとも言いようがない関係なのです。

ライバルでもあり、セックスをする相手でもあり、
同居人でもあり、運命の相手とも言えるけれど、
はっきりと恋人と言えるのかはわからないので、
関係性に萌えるBLとしての評価が非常に難しいです。

けれどひとつだけ、彼らが共に生きていたということだけは
分かりました。別れが悲しいような、それとも別れたからこそ
不安定だった日々をしっかりと定義できてほっとしたような。
こういう形のBLもありかな。不思議な読後感です。

神楽坂さんの作品は今までに1冊しか読んだことがないので
普段がどんなテイストなのか知らないんですが、
他のも読んでみようかな。感想は難しいけど癖になりそうです。

*  *  *  *  *

だいぶテイストが異なる作品が4つ集まりましたが、
好みから言えば 1>3>4>2 かな……。2と4については、
皆さんのご感想も伺ってみたいところです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:14 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:14 | - | - |