-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< BLマンガ読了メモ@2008.10.11 | main | 祝日から走ってます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『Baby VOL.7 無機物推奨擬人化特集』/アンソロジー
2週間ぶりぐらいにリアル書店に寄ったら、
片手では辛い結構な量を買ってしまいました。
新刊を10冊以上一気に買ったのは久しぶり。
実際に本を手に取る行為の危なさは半端無いです。

そんでもって家に帰って、BLは『ラブホリック・ガイズ』、
それから衝動買いしたこの『Baby VOL.7』などを読みました。
『ラブホリック・ガイズ』は、うん、ドナドナです。
肉体派の単行本は7割ぐらい外してる気がするのは私だけか。

それはさておき、こちらの擬人化特集は
ボリュームもあって当たりでございました。
以下、感想です。




ふゅーじょんぷろだくと (2008/9/24)
【Amazon】

(つぶれてしまった帯のあおりには、
「くらえ!!腐れフィルター!!!!!」と
書いてあります。でもこれを読もうと
するひとは大抵マイフィルターを
すでに持っているような気が……)

コミック:トジツキハジメ(エッセイコミック)・恋煩シビト・
真名子・北別府ニカ・モチメ子・コンドル(エッセイコミック)・
車折まゆ・海野サチ・ヤマシタトモコ
擬人化祭:青井・赤崎友紀・天野瑰・イシノアヤ・神楽坂はん子・
カシオ・河井英槻・恭屋鮎美・玉兎・クロヲ千尋・閨口・櫻井しゅしゅしゅ・
真田和史・スルメイカ子・宝井理人・月ヶ瀬ゆりの・手越原徹・
中条亮・ナリ・山田2丁目・家町くみこ・吉森玖実

*   *   *   *   *   *

フォークとスプーン、M○cとWi○dowsなどなど、
200P超の右を見ても擬人化、左を見ても擬人化!
(内訳はマンガが7〜8割、擬人化祭が2〜3割です)

それにしても擬人化のパターンにも2つあるんですね。
1つめは「擬人化したもの」と自分が絡むもので、
2つめは「擬人化したもの」同士が絡むものです。
前者は人間と人間ならざるものの関係を楽しむのに対し、
後者はとある物質に見出した関係を楽しむという違いがあり、
前者がドリーム、後者がBLに近い趣なのかもしれません。
(それを神視点で描いてるんだからどちらもBLなんですが)

1つめのタイプ、「高校生×ボッロボロの傘」を描いた、
『ふたりの涙雨』/海野サチさんが一番好きでした。
高校生は古いものが人間に見えてしまう能力の持ち主で、
そのために古いものを見捨てられない性分で、ゴミ捨て場に
捨ててあったボロボロの傘を拾ったところ、なんとその傘が
雨が降っている間だけ人間として活動できるようになり……
というお話です。ファンタジックかつ切なく、話の収まりもよく、
絵もけっこう好みで注目作家さん発見!でした。

他の前者タイプだと、恋煩シビトさんのWinとMacと
人間の男の三角関係の妄想話も面白かったし、
変化球投手・ヤマシタトモコさんの、擬人化したものが
恋に関わらない話も意外な切り口で面白かったです。

2つめの擬人化したもの同士だと、モチメ子さんの
とある部屋でのこたつ×新入りの観葉植物の話が
ほんわかしていて良かった。テレビさんやケータイくんも
良い味出していて、こちらもマイ注目作家に登録です。
トジツキさんの食器や車折さんの歯ブラシもよかった…。
擬人化好きにはたまりませんね、こういう類は。

擬人化祭の中では、ありすぎて選ぶのも大変ですが、
経営統合もの/神楽坂さん、USBポート/桜井しゅしゅしゅさん、
そろばんと電卓/ナリさんなどが好みの話でした。
ナリさんという作家さんは絵も好みでしたので、
この人もチェックしておこうと思います。


看板に偽り無し、840円のもとは充分とりました。
物質同士のままで良いというひとには向かないかもですが、
アンソロジーにしてはお値段も安めですし、
擬人化好きor擬人化に目覚めたい人にはオススメです。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 22:13 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:13 | - | - |