-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『Baby VOL.7 無機物推奨擬人化特集』/アンソロジー | main | 非BLマンガ読了メモ@2008.10.16 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
祝日から走ってます
スイーツ:
ホリデーもちょこっと頑張って明日の自分へ投資!
ランチも忘れそうな忙しさにあ〜お腹へったしっ♪
帰りには癒されたい自分へのご褒美を買っちゃった。
ディナーはダイエットだから控えめにしたけど
しっかりスィーツもいただいちゃったりして。
まぁ
今日ぐらいは
いいよね
みたいな
これがデキるオンナのホリデーワーキング(笑)

現実訳:
出ないと火曜にやばいのは火を見るより明らかなので、休日出勤。
半日でなんとか終わらせようと集中してたら、
昼飯忘れかけた。パンを片手で食べながら仕事。
もちろん半日でおわらなくて、でも今日は半日で終わらせて
兄友にJ庭のパンフを買いに行きたかったので、
ぎりぎりまでやって閉店10分前に駆け込みゲット。
夜飯はめんどくさいからご飯・納豆・味噌汁・焼き魚と漬物の
最強5品を食べ、その後に緑茶とチョコレート1かけら。

スイーツ風に書くと休日出勤も楽しく、はないな。
ちょっと休日出勤が悔しかったので遊んでみました。
顔文字を使わないのはせめてもの良心……というか、
単に苦手なだけです。若干ケータイ小説風なのは、
昨日某腐男子高校生とこんな(↓)チャットをしていたせいです。

アタシ
BL好きなオカマ
だからさ
ねぇ
本貸してよ
みたいな

夜のチャットは読み返すとアホな事ばっか書いてるなあ…。
なにはともあれJ庭のパンフをゲットしたのですが、
行間にはいくつかアクシデントがあったのです。

1・電車が止まる

職場から、J庭のパンフが置いてあるかつ定期範囲内の
最寄の兄友には、乗り換え無しで14分、乗り換え1回で
最速12分なのですが、休日のダイヤで乗り継ぎが
微妙なため、乗り換え無しを選択したのです。

しかしこの線、週に4日は遅延が発生するということを
忘れており、案の定1つ前の駅で遅延発生。
キレてドアをぶん殴ろうかという思いが頭をよぎりましたが、
『海馬が耳から駆けてゆく(5)』文庫版を読んでいたため、
「この人たちみたいな行動をしてはいけない」(失礼)という
ストップがかかり、なんとか衝動を抑えるのに成功しました。
よもやこんなところでダシにされているとは
エッセイストの菅野さんも思うまい。

ちなみに電車は諸行無常の気分で待っていたら3分後に
動きました。果報は寝て待てとはこのことですわね。

2・本が見つからない

駅から走ったおかげで、10分前に駆け込めました。
ハァハァしてたのは変態だからじゃありません、と
ここで兄友の店員さんに真実を告げておきます。

で、きっと入り口のあたりにあるんだろうな、と
思って探してみても、ない。1週しても、ない。

なぜ?見落としたか?売り切れちゃったのか?と
ぐるぐるしてるうちに時間はいつの間にか5分経ち、
焦りが気持ち悪さを呼びはじめたので、意を決して
「姉妹に頼まれ物をした青年」の仮面をかぶって店員Aに
「Jガーデンのパンフってありますか?」と訪ねたら、

店員A:「Jガー…?」
私:「あの…J庭って書いてJガーデンって言うらしいんですが…」
店員A:「はい、少々お待ちください」

あら、バックヤードにおいてあったのかしら?
じゃあみつからなくて当然よね、と思ったら、
店員Bさんに「Jガーデンのパンフってどこ?」と
のたまってくださいました。仮面が!ガラスの仮面が!

店員B:「あー女性向け同人誌の一角。まだあると思う」
店員A:「了解。…すみません、取ってきますね」
私:「……場所だけで…(いいんだよボケナスッ!)」
店員A:「はい、こちらへどうぞ」

とご丁寧に誘導してもらったら、店員Aさんまた見つけられず、
店員Cさんに「Jガーデンのパンフどこ!?」と。
ガラスの仮面が!亀裂が!

店員Cさんの導きで無事買うことは出来ましたが、
パンフ買うのに一苦労…数も多いし大変だとは思いますが、
商品の場所くらいは覚えてほしいものです。
まあ、私も発見できなかったのでおあいこですけど。

というわけで、祝日の月曜日から肉体的にも
精神的にも走り回ってしまいましたが、
本番の2週間後にはもっとテンション上げておきたいな!
| [その他]雑文・日記・BL話諸々 | 23:41 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - |