-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 祝日から走ってます | main | 『素晴らしい失恋』/西田東 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
非BLマンガ読了メモ@2008.10.16
J庭のカタログをやっとの思いで手に入れたのに、
それ以降が忙しくてチェックする暇も無いとは
なんたる悲劇…BL小説すら滞りがちで凹みます。

しかし逆に時間が無いときに、消費量が反比例に
増えるのが(BL含め)コミックです。
文字を読みたくない、手軽に短い時間で読みたい、という
気持ちがそのまんま出るんですね、私はきっと……。

てなわけで、最近合間合間に読んだ非BLコミックの感想です。

1・『12月生まれの少年 (1)』/施川ユウキ

竹書房 (2008/10/8)
【Amazon】



ちょっとポエミーなタイトルに、可愛い絵柄。
なのに、それにそぐわないくだらないような、
けれど深いような妄想と遊び言葉がたくさんです。

私は四コママンガ家なら秋月りすさんが好きなんですが、
秋月さんがあるものごとをうまく言い換えているのに対し
「あ、なるほど、上手く言うなあ」と思ういっぽうで、
このひとの作品は、あることから別の連想を繰り広げ、
「え、よくそこまで考えるなあ」と思わされます。

自分にとって共感できるかどうかは人によりけりですが、
なかなか死角からの指摘も多くて、笑うと同時に
一考させられるものはありました。うーん、凄いな。


2・『坂道のアポロン (2)』/小玉ユキ

小学館 (2008/10/10)
【Amazon】

小玉さんの描く純朴男子女子はなんでこんなに
かわいいんだ……!1巻では主要人物3人全員が
恋の自覚を持ったところで終わりましたけれど、
2巻では恋した彼らのそれぞれの行動が描かれています。

千太郎に恋するりっちゃん(女の子)は健気になり、
りっちゃんに恋する西見くんは勇気をもち、
上級生に一目ぼれした千太郎は臆病になる。
三者三様にとる行動がみないじらしくて、この若さに
恥ずかしい気持ちにもなるけれど、とても輝いています。
同時収録の短編も相変わらず冴えていました。

それにしてもこの次巻への続き方はどうなんでしょうね。
五角関係になるのかな…続きがとても楽しみです。


3・『海街ダイアリー (2)』/吉田秋生

小学館 (2008/10/10)
【Amazon】




腐の皆様にはおなじみの吉田秋生さんですが、
実は私、このコミックで初めて「秋生」の読みが
「あきみ」だと知りました。(あきおだと思ってた……)

それは置いといて、BLとは全く関係の無いこちらは、
三姉妹と、半分だけ血の繋がった少女(後妻の娘)が
同居してさまざまな人間模様を描き出すお話ですが、
この2巻では少女・すずと長女がほぼメインです。

どの話でも、鎌倉の鄙びた雰囲気を背景にしながら、
ちょっとした家族同士の違和感や、友人同士の
微妙な空気をさらりとすくい上げて抉り出します。
ただ、抉り出された瞬間は痛いんですが、そのあとには、
直りの早い自然治癒のように傷口が閉じるんです。
このすっきりとした読後感がたまりません。

実はまだ『BANANA FISH』を読んでいないので、
いつか近いうちにでも読まないと……。

『flat (1)』/青桐ナツ

マッグガーデン (2008/9/10)
【Amazon】




ネットで評判になってAmazonも品切れになってたのに、
なぜか職場近くの本屋に積まれていました。
本の流通って未だによく分からない…。

で、試しに買ったら、これがもう大当たりでした。
今時のまわりに無関心な高校生(昔からそういう人いるけど)と、
幼児なのになにかと我慢してしまう「あっくん」の、
心温まる交流が描かれています。

特別なことはまったく起こらないのですけれど、
距離の取り方をよくわからないふたりが
ぎこちない状態からうちとけるだけでも
なんとも言いがたい微笑ましさを感じます……!

全体を包む空気もふんわりとしていて、そのうえ、
あっくんの可愛さがもうたまりません。
わがままを言えないでいるもじもじしたあっくんは
「なんでもしてあげるよ」と言いたくなってしまいます。
…あ、下心無しでですよ。

ついでに、読み終ったあとにカバー下を読むと、
なおより萌えます。…もちろん性的な萌えではないですよ。
4冊とも面白かったけれど、この作品が1番嬉しい発掘でした。

取り急ぎ 『flat』は書店で見つけることが
ありましたら、確保をオススメします!
| [その他]BL以外のコミック | 23:46 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:46 | - | - |