-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 非BLマンガ読了メモ@2008.10.16 | main | 『酔いどれ金魚と野獣』/中原一也(北上れん) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『素晴らしい失恋』/西田東
昨夜、残業後の電車の中でXX歳の誕生日を迎えてしまいました。
そして寝だめをしてしまったため、昼まで布団にひきこもり。
別にそれがなんだってわけじゃないんですけれど、
ちょっとむなしいと思ってしまうのはしかたないでしょうか。

という息子を不憫に思ってくれたのか、両親がお寿司を
食べに連れて行ってくれて、日本酒とつまみと寿司、旨ぇ!な
一転して素晴らしい誕生日になりました。
サンキューハッピーバースデー、サンキュー。(by 恩田レイ子)

さて、ほぼ10ヶ月の熟成期間(積読期間とも言う)を置いて
読んだこの作品も素晴らしかったです。
以下、感想です。




『素晴らしい失恋』/西田東
竹書房 (2007/12)
【Amazon】


☆表題作あらすじ
仕事は出来るが、恋愛に関しては誠実度ゼロ、
女とのドライな関係を繰り返す新任課長・内藤。
その行動の裏には実は上司である日野田部長への
言い尽くせない思いと狂おしいまでの渇望が渦巻いていたが、
恨みから男に犯されるというアクシデントにより、
思わぬ形で部長の心を動かすこととなってしまい……

*   *   *   *   *   *

『願い叶えたまえ』のようなダイナミックに動く長編も
いいですが、日常に近い中での人間愛がより強く感じられるから、
西田作品は短編のほうが好きです。

表題作『素晴らしい失恋』、
経営能力ゼロの若社長とデキる秘書が会社の危機に
面したときの揺らぎを描いた『オレの社長 僕の秘書』、
出張したアジアの国で、翻訳者と一時の逢瀬を交わす『快楽の地』、
たった1回だけの、重い罪を背負った義兄と義弟の『乞うもの』、
妻を愛しているのになぜか誘うような行動をとる社長と、
社長を好きになった秘書を描いた『いちばんの愛』の5編が
収録されていますが、表題作と『いちばんの愛』が好きでした。

オヤジスキーだからってこともあるんですけれど、
妻「も」愛しているオヤジたちの行動が素敵なのです。

『素晴らしい失恋』ではもちろん失恋なので、
オヤジが内藤を振るのですが、その振るセリフが
内藤を助けに来たシチュエーションと
相まってかっこよすぎました。

「―――俺は妻を愛している
 息子は受験勉強中で娘はまだ中学生だ
誰にも壊させない俺の大事なもの達だ
…だから壊さないでくれ
…頼むよ内藤
俺一人じゃ自信ないから 内藤…」
いつも厳しいオヤジが、こんな衒いのない言葉で
真剣に答えてくれる。それだけ真摯なひとを好きになった、
叶わなくてもそれは素晴らしい失恋であり、恋ですよね。
「あの人を好きになってよかった…」と言える失恋も
素敵だなと本当に思えました。(一番良いのは成就ですけど)


『いちばんの愛』では、妻を空気か何かのように
感じていたのに、妻が亡くなったことで自分にとって
いちばんだったものに気づかされたオヤジの、
自分勝手さがなぜかいとおしく思えました。

秘書にとっては確かに最悪な告白なのですが、
秘書も好きだからこそ言えるって気持ちが
わからなくもないだけに、自分で自分に
戸惑うオヤジの複雑な心理がとても心に残ります。
こちらも成就するだけがBLだけではないことを
感じさせる、深く染み込むような作品でした。

あれ……?気づいたらオヤジの話しかしてませんね。
まあいいか、オヤジスキーなんだから。

つけたしで書くとすれば、あいかわらずギャグも絶好調でした。
水をぶちまけられるのだってサザエさんとらんま1/2ぐらいでしか
お目にかからないのに、水と間違えて納豆をスーツに
ぶちまけられるって、そんなのありか(笑)

あのあとがきがないのが非常に寂しいですが、
オヤジスキーには特に必携の一冊かと存じます。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 23:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:42 | - | - |