-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ワーキング・ホリデー』/坂木司 | main | 『進行性恋愛依存症』/かわい有美子(今市子) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『おおきく振りかぶって』11 をまた腐読み
>昨日、おとといがかなりやばい状態で、
今週はまったくBLを読んでおりません。
心と体とお肌が荒みますね、ええ……。

リフレッシュのため、今日の朝は早めに出て、
ここぞというときのみに使うグリーン席に乗った上に
アイマスクにカーディガンをかけて爆睡、降りてから
コーヒーショップで『おお振り』11巻ですわよあーた。

いやー、やっぱり萌えが染み込んでくと言うか、
非BLでの妄想もいいですね!

試合場面も日常場面もバランス良い11巻でした。
個人的見所ピックアップ+妄想です。




『おおきく振りかぶって』11/ひぐちアサ
講談社 (2008/10/23)
【Amazon】

(裏方の表紙ってのもいいですね!)


*   *   *   *   *   *

□ カバー下
ハマちゃんの幼少期のSっぷりがはなっからいいですね!

□ p.5
タイさんたちの赤面ぶりは見ててこっちが恥ずかしい(笑)
んでもってバカ大地はこんどはミハシにご執心か……。

□ p.10-23
アベミハ派のあなたにこの巻最大のアベミハタイム!
「なるべく長く 大事と思ってもらえるように オレ 頑張ろう」
なんという健気受けなミハシ!

□ p.34
田島に女装フラグが立ちました。同人誌のネタになりそう。
ちなみに私は女体化は好みません。(なんの話)

□ p.40
「ケツストレッチ」……ってやらしくないですか?
しかも田島とミハシが「ケツストレッチ」だよ?
どう見ても本当にアベと花井のためですありがとうご(略)

□ p.44-48
呂佳さんと滝井監督で狭山カップル1つが成立。
どうみてもこのやりとりはイチャイチャ!

□ p.49-54
入れ替わりにアベミハタイム2。
アベが完全に攻めだけどかかあ天下です!
しかも泣き落とし(「しまいにゃ泣くぞ!」)って(笑)

□ p.68-70
栄口に中学の時のシニアの友人というあらたなフラグが…。
巣山母のんきにしてる場合じゃないわっ、息子の嫁が!

□ p.76-77
モモカンの年に焦ってるお年頃のみんなが可愛い。
でもミハシと田島は全く動じてないのは…
言わなくても分かるか。

□ p.80-82
ハマちゃん×教頭のシルバーラブで妄想するところでしたわ……。
ついでに84ページの赤面ハマちゃんも可愛い!

□ p.96
滝井がネコミミに見えた私は死んだほうがいいとおもう。

□ p.104-108
アベ父×ミハ…!?と思ったら大いなる伏線でした。
それにしてもミハシは総受けすぎてアベは心配するよなあ。

□ p.110-116
岳史と直正とで狭山カップル2。なんだか狭山には
呂佳さんたちといい、劣等感カップルばっかりだな……。

□ p.125-132
アベ、三ヶ月の孤独に気づく。妄想的な意味じゃなくて、
ここは2人の関係上で大きなポイントですね。

□ p.153
ミハシは信頼でなく依存だということがはっきり。
若干ヤンデレ気味とも思えなくもない。

□ p.199-202
ミハシがアベの居ない間に総受けになっとるがな!
見ているだけでいいという栄口が一番エロスな気がする。

↓左がミハシ
左がミハシ

□ p.204
修ちゃんと廉(わざわざそう書かせていただく)が
アベを差し置いて肩を並べています。けしからんもっとやれ。

*   *   *   *   *   *

今日はもう眠いからこの辺にしておこう……。
試合のゆくえもアベミハの行方も気になる11巻でした。
| [その他]おお振り特集 | 23:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:28 | - | - |