-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『おおきく振りかぶって』11 をまた腐読み | main | 2008年11月新刊購入予定リスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『進行性恋愛依存症』/かわい有美子(今市子)
いつのまにやら明日がJ庭の日なのですね……。
あっという間すぎて驚きです。
「驚き」の最初の変換で「オドロキ」という
カタカナが出るのはオドロキとかナルホドとかで
検索しまくってるからじゃないんだからね!
2回目だからちょっと慣れたとは思いますが、
今回も最低限雰囲気は楽しんで来れればと思います。

さて、かわいさんのひさしぶりのリブレ……と言うか、
リブレになってから初作品のこちらでしたが、
内容はというと…●●小説でした。
以下、感想です。




『進行性恋愛依存症』/かわい有美子
リブレ出版 (2008/10)
【Amazon】


☆あらすじ
経済界の若き俊英・九鬼(くき)は、自ら興した企業グループの
順調な成長とは裏腹に、プライベート面も補佐する秘書の
御巫(みかなぎ)に苛立ちを抱き続けていた。
献身的ではあるが常に無表情で冷淡な御巫の態度は、
学生時代に見せていた九鬼への恋情を忘れたかのようだったが、
御巫もまた、九鬼のそばにいる苦しさは増すばかりだった。
二人のあいだに高まる摩擦熱は、御巫のある申し出で限界を迎え……

*   *   *   *   *   *

「官能小説」でした。
あとがきでご本人が「最初で最後の●●小説」と
書かれていたので、官能小説、と推測しました。
(エロ小説でも良いけどね!)

しかしこの官能小説、格調高いといいますか、
一般のエロ描写をエロと呼ぶならば、
この作品のエロ描写は官能と呼べると思います。
かわいさんのこまやかな情景描写がエロにも
発揮されるとこんなエロになるんですね。なるほど……。

たいていエロが薄めな作家のエロって頑張っているけれど
エロが濃いめの作家にはどうしても劣るものを感じますが、
この作品のエロのように筆力や魅力を感じられる方向へ
進化すれば、単なるシチュエーションに酔ったような
エロよりもよっぽどいやらしくてエロいと思うんですよね。

秀さんや沙野さんみたいなねっちり濃いエロや、
中原さんや烏城さんのような熱いエロもいいけれど、
こんなクールなエロも私は好きです。大好きです。
(さてここまでで何回エロといったでしょうか。
すでに私の中ではエロがゲシュタルト崩壊……。)

「びしょぬれ特集」に掲載する必要条件として
エロになったためか、最初で最後ということなのですが、
この路線もまったく悪くないなあと思いました。


さて、エロ話はこのへんにしておいて。
そんな短編のあとに収録されている中編「報復モラトリアム」と
SSの「街に天使の降りる夜」では、九鬼と御巫の大学生時代から
短編の直前までと、短編より以後を補完するように話が進みます。

かなり話が前後するので、あっちこっち読み返している時間が
なかったら、時系列がよくわからなくなったかもしれません。

けれど学生時代の出来事や、御巫や九鬼がひとりでいたころの
話を読むことで、唐突に感じられたびしょぬれシーンの背景が
書き下ろしでほぼ全景を理解することができました。
そして九鬼って最悪だなということも理解しました。

危うい精神状態だったからといって御巫を蹂躙し、
何も言わず渡米して、帰ってくるなり自分の会社に呼んで、
しかも水とアレをぶっかけるだなんて……。
今さんの穏やかな絵に騙されるところだったわ。

しかし、そんな男を10年以上もしつこく想い続けるわ、
九鬼が離れているときでもふと思い出させる魅力があるわ、
身の回りから仕事まで一切をフォローするわ、の御巫も
よく考えたらかなりの恐ろしい子!なので、
お似合いといえばお似合いなのかもしれません。


来年の初夏にも新刊が出る予定そうで、そちらも楽しみです。
……しかし未亡人萌えってなんだ?(雑誌は未読)
| [BL・小説]かわい有美子(ゆみこ) | 21:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:56 | - | - |