-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3年目の雑記とお礼 | main | J庭2008秋は暑かった >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『他人同士』1〜3/秀香穂里(新藤まゆり)
昨日の3周年に続き、なんとニアミスで200万ヒットでした。
連続になってしまいましたが、感謝は何回したって
いいですよね、今日もありがとうございます。
明日も明後日も宜しくお願いします!

さて、先日J庭体験日記では書きませんでしたが、池袋徘徊時、
この『他人同士』3が発売した次の日であるにもかかわらず、
なんとアニメイトでもとらのあなでも売り切れでした。
人気があるのか、それとも集まった人数がハンパじゃないのか…。
「どちらも」が正解なのかな。

きりよく完結したところで感想です。




『他人同士』1〜3/秀香穂里
徳間書店 (2008/8-10)
【Amazon】
(画像・リンクは1巻のもの)

☆あらすじ
最新の流行を扱う大手出版社の情報誌『エイダ』の
編集部に所属する浅田諒一は、自他共に認める敏腕編集者だ。
ドライな恋愛が信条のゲイだけど、家を追い出された年下の
カメラマン・田口暁と、期間限定で同居することに。
仕事相手とは寝ないと決めていたのに、筋肉質で長身の暁は、
諒一が抱きたいタイプそのもの。ある晩、ついに手を出そうとした諒一は、
逆に「俺にだって男が抱けます」と押し倒され……

*   *   *   *   *   *

タチのゲイ視点でのBLってのも珍しいですね。
(でもふつーはノンケには手を出さないけど)

そのタチ・諒一はこの作品においてはツンデレ受けでした。
しかし、デレになるのが3巻の後半という、
摘突詰(つんつくつん)も驚きのツンツンぶり。

なぜ長くなったのかというと、「べ、別に好きなんかじゃ
無いんだからねっ!」なんて分かりやすい表現はしない、
表現が歪んだツンデレだったからなのです。

歪んだツンデレになった理由は3つあります。
1つめは、タチだった、ということです。
ゲイゆえにそれほど抵抗感を示してはいないものの、
男として沽券にかかわる問題ではありますわね。

2つめは、秀さんお得意のワーキング面のプライド。
(仕事相手だから寝ない、という変化球ではありますが)
仕事におけるプライドを私生活にも引きずるだなんて
ちょっとバカバカしい男の意地とも思えるけれど、
諒一にとっては、自分を支えるたったひとつのものだったのです。
暁との関係だけでなく生き方にも関係してくる面でした。

3つめは、仕事だけが支えになった理由でもある、
昔の男による古傷のせいです。
(登場した昔の男は好きにはなれない……)

攻めの暁のほうでも、カメラの表現の世界で悩んだり、
諒一のツンツンぶりにくじけそうになったりと、
互いに恋愛に悩み、また、人生にも悩むさまを
みっちりと、深く描かれていました。

諒一の結論は正答かどうかはわかりませんけれど、
仕事を逃げ場にせず、全てに真剣に向き合う態度は
かっこいいと思いました。(迷惑かけすぎだけど)

雑誌編集者という秀さん自身が経験したワーキングも
経験を生かして存分に描かれていますし、
この『他人同士』がデビュー作だけあって、
本当に描きたいことを書いてあるように感じました。
「他人だから、想うことができる。」…いい言葉ですね。


ちなみに、『くちびるに〜』『くるぶしに〜』シリーズの
カップル・澤村と水嶋もゲストレベルですが出演します。
特に澤村はあいかわらずいけずな性格で安心しました。

メインカップル2人はどうせ小冊子で読めそうだから、
他の雑誌の編集長であり、諒一のゲイ友である小林と、
その彼氏・時田の話も現在のオヤジモードコミで
スピンオフなりで読んでみたいです。

さて、3冊で応募できる小冊子の準備をしなくては……。
1月9日までなので、急ぐ必要はありませんが、
興味をもたれましたらせっかくなのでどうぞ。
| [BL・小説]秀香穂里 | 22:15 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:15 | - | - |