-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『交渉人は疑わない』/榎田尤利(奈良千春) | main | 『ようこそ。』/谷崎泉(高城たくみ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BLCD聴了メモ@2008.11.5
出勤だった月曜に風邪を引き、早退して、
火曜日の午前中まで休んでしまいました。
(ちなみに月曜の記事は日曜に書いたものです)

ああ…迷惑かけたなあと思いつつ、暇なので病院の待合室や
布団の中で押し付けられたor頂いたBLCDなぞを聞いていました。

だいたいBLCDを聴くのは通勤途中だったのですが、
セリフがどうしても電車の音に消されてしまったりして
完全には聞き取れないのです。しかし待合室だと、静かなうえ、
周りにこの喘ぎが聴こえてるんじゃないだろうか、という
スリリングな体験が出来てより楽しめますのでオススメです。

それでは以下、4点のBLCD感想です。



*リンクは画像についています。Amazonにある率は50%でした。

1・『きみがいなけりゃ息もできない』/原作・榎田尤利

東海林(小西克幸)×ルコちゃん(福山潤)

福山さんのルコちゃんは想像以上に合っていました。
「しょ〜じ〜」と東海林を呼ぶ声がルコちゃんらしい。
「死んでやる!」「おまえがいなきゃ息もできないんだよ!」なんて
言動がアレと紙一重で迫力ありました。声優さんってすごいなあ。
小西さんの東海林もルコちゃんのママっぷりを発揮しつつ、
3枚目にはならない声がぴったりでした。

しかし…あまりにも時間が足りないと思うんですが……。
ちょっと聞き漏らすと原作の何ページ分も飛んじゃうし。
あと、小学生のときの2人も声でやって欲しかった…(ムリか?)。
いくら原作がマンガチックだからってノベルス1冊分の話を、
1枚のCDに詰め込むのはやっぱり難しいんだろうなあ。
でも、聴きやすい作品で2回も聴いてしまいました。結構好きかも。


2・『同級生』/原作・中村明日美子

草壁(神谷浩史)×佐条(野島健児)

小説よりも、テキスト量から考えてコミックのほうが
CD化には向いてるとは思います。けれどこういった、
雰囲気マンガは非常に難しいなと思いました。
そういえば草間さんのときもそう思った気が……。

原作読みながらだとわかるんですが、待合室できいてるので、
音だけだと絵でしか表現できない草壁と佐条をとりまく空気とか、
表情の変化が見えない分、唐突に感じてしまった…、
って、待合室できくのが悪いんでしょうかね。

声の雰囲気もなんとなく自分の想像と違ったので、
うーん、これは2回は聴かない気がします。
あ、でも原センの、犯罪者では無いレベルの、
軽いHENTAIさはぴったりですごく良かったです。


3・『真昼の月』/原作・中村明日美子いおかいつき
(aさん、nutsさん、ご指摘ありがとう!)
辰巳(大川透)×秀一(浜田賢二)

BL小説の中でも、軽いストーリーがある程度のものが
自分には向いてるみたいです。話の分かれ目もはっきりしてるし、
ストーリーが2時間ドラマ並みで、そこそこに
描かれていると分かりやすくて嬉しいです。
そういや、『好きこそ恋の絶対』シリーズといい、
マイBLIpodにはいおかさん原作の比率が高いです。

最初はカップリングの声が自分の想像と違いすぎたんですが、
聴いているうちに、クールな秀一と、辰巳のちょっと下卑た
エロくさい声が次第になじんできて意外な楽しさでした。
事件のほうも、テキストで読むと「あ、それだけ?」と
思ってしまったシーンも、声だとなぜか許せます。(なんでだろう?)
原作、アイノベルスで途中まで読んでそれっきりだけど、
リンクスロマンスのほうで最後まで読もうかな……。


4・『交渉人は黙らない』/原作・榎田尤利
兵頭寿悦(子安武人)×芽吹章(平川大輔)

上と同様、そこそこにストーリーがあるほうが好きです。
しかし、正直、原作を読んでからだいぶ経っていたので、
事件の内容を忘れかけていて大丈夫かと思ったのですが、
最近続編のほうを読んだということもあり、
聴いてるだけでだいたい把握できました。
さすが2枚組みだけあって丁寧かつボリュームがありますね!

そのうち、半分以上喋っていた平川さんはお疲れ様でした。
芽吹の口先八丁で口達者な感じが良く出ていましたし、
子安さん演じるちょい変態の入った兵頭との
テンポの良い会話にニヤニヤしてしまいました。
ああ、この配役のままで続編もCD作ってほしいなあ!
もっとも喋らないキヨちゃんを主役に据えた、
オマケドラマなんかがあると楽しそう。


というわけで、今回聴いたCDの好みとしては、以下の通りでした。
『交渉人』>『真昼の月』>『きみが〜』>『同級生』

次に聴くCDは『センチメンタルガーデンラバー』の予定……。
| [その他]BL・CD | 21:22 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:22 | - | - |