-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< J庭2008秋は暑かった | main | 「3Pアンケート」はじめました 【3周年&200万企画】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『タンゴの男 -The Man of Tango-』/岡田屋鉄蔵
もうひとつの積本いきなり画像ですが、これらの本は、
積読ではなく、ドナドナタワーです。
この黒い籠いっぱいになった売ろうと
考えていたのに、本の整理をしたら、
いつの間にか籠の二倍以上になりました。

うーん、この量はイーブクオフだな。
あ、なお、高く買い取ってもらえる新刊は
別に分けてます。こうしてブクオフには
あまり価値の無い本が集まるのだった……完。

さて、今日は全く手放す気になれなかった、
『タンゴの男 -The Man of Tango-』の感想です。



『タンゴの男 -The Man of Tango-』/岡田屋鉄蔵
宙出版 (2008/10/29)
【Amazon】

☆あらすじ
タンゴの男と呼ばれながら、
本当の情熱を知らぬままに
踊り続けてきたダンサー・アンジー。

ラテン人の母を持ちながら、厳格な祖父に引き取られ、
今は日本人として暮らすヒロにアンジーは
出会いのひと目から沸き立つような欲望を感じる。
男にはまるで興味の無いヒロだったが、懐かしい故郷を
感じさせるアンジーの包容力に、戸惑いながらも
いつしか心と身体を開いていく……。

*   *   *   *   *   *

表紙からしてもうメロメロです。(掲載誌もメロメロ)

BL小説でガタイが良いと書いてあるのになぜか絵は細身、
なんてことがありますが、この作品では存分にガッチリとした、
粗く削ったデッサンのような男性の肉体を描かれています。

ゲイコミにはよく見られる傾向ですが、だからといって、
残念なことにそれだけで終わってしまうものと異なり、
タンゴが聴こえてくるような躍動なダンスシーン、
堅い肉体がぶつかる肉感的なセックスシーン、
機知に富んだ会話、すべてにオリジナリティが溢れています。

そして、心の機微を感じられる話でもあります。
身体だけでもなく、気持ちだけでもなく、その存在が
必要だと認識しあうまでがじっくりと描かれています。
包容力を持ったアンジーに対して、屈強なガタイのなかに
幼いころの寂しさを抱えたままのヒロが心を開き、
アンジーの求愛を受け入れる過程がひどく甘くて優しい。

読み終わると、ヒゲでむさくて正体不明な匂いのする
アンジーはやさしくて妖艶な男としてうつり、
コワモテに見えたヒロはすごく可愛く見えました。
とくにヒロの可愛さは異常です…いっけんゴリラにも
見えそうな厳つさなのにこの可愛さはなんなんだ!
1冊の中でこれだけ印象が変わるってことは、
それだけ彼らの気持ちが読めたってことでしょうか?
すごく情熱的で良いラテン系BLでした。

ちなみにタンゴって「網タイツにハイヒールの女性と
正装した男性が情熱的に踊る」といったイメージしか
なかったんですが、調べたところ、なんと起源は
「移民の貧しい男同士がフラストレーションを解消するため、
歌を歌い、酒場で荒々しく踊った」んだそうで……(wikiより)
今とは形が違うでしょうが、萌えダンスだったんですね。
ひとつ勉強になりました。

あとですね、ムフフ、萌えオヤジが沢山出てくるんですよ。
バーを営むノニーノ、靴屋のペペ、ヒロの上司、
表紙裏面のオヤジトリオ……シルバーの域に入っているひとも
かっこよく描かれているだなんて、もう堪りません……。

先月(10月)に読んだBLコミックの中で一番好きでした。
ガタイが良いBLが苦手でなければぜひオススメします。
| [BL・コミック]その他の作家・混合 | 21:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:30 | - | - |