-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「3Pアンケート」はじめました 【3周年&200万企画】 | main | BLCD聴了メモ@2008.11.5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『交渉人は疑わない』/榎田尤利(奈良千春)
だからやめられない今日の画像は、先日フェアで申し込み、
届いた久世番子さんの小冊子です。

64ページもあり、描きおろしもあり、
これが300円!?なできばえでした。
中身も相変わらず面白かったし、
普段小冊子商法とか悔しさ半分で
言ってますが、これはお得だなあ。


英田さんの『デコイ』とこの榎田さんの『交渉人〜』の
小冊子も600円以上の価値があることを願います。
それでは以下感想です。




『交渉人は疑わない』/榎田尤利
【Amazon】
前巻の感想はこちら


☆あらすじ
元検事で元弁護士の芽吹は、弱き立場の人を救うため、
国際紛争と嫁姑関係以外はなんでもござれの交渉人として、
『芽吹ネゴオフィス』を経営している。ヤクザ嫌いなのに
ひょんなことから高校時代の後輩で現在ヤクザの兵頭と
なぜか深い関係になっている。嫌いではない、どちらかといえば、
好きかもしれない、そんな焦れったいふたりの前に、
ある日、兵頭の過去を知る男が現れて………

*   *   *   *   *   *

前巻同様、すごく軽い作品でした。いえ、正しくは、
前巻よりもさらに芽吹と兵頭がバンバン軽口を
叩くようになった、と言ったほうがいいかもしれません。

私が笑った箇所を例に挙げてみますと、

兵頭:「わかってんですか。ケツですよ」
芽吹:「うるさいなあ。男はケツのひとつやふたつでグダグダ言わないもんだ」
兵頭:「ふたつあったら大変でしょうが。使い分けでもするんですか」
芽吹:「どういう使い分けだよ!…(略)」(p.170)
とまあ、いちばん抜き出しやすかったのでここにしましたが、
こんな夫婦漫才をどこでもおこなっています。

明らかに「狙ってるな」というのが分かるんですけれど、
それでもくすっと笑ってしまうのは、前巻で芽吹と兵頭の
キャラクターを知っているせいでもあり、エダさんの
小気味良い筆致のせいでもあり、ベテラン芸人の漫才を
見ているようでこの軽妙な会話を楽しめました。
本当にこの2人、こんな会話ばっかりしてそうだもんなあ。

芽吹の地の文もノリノリで、あまり好きでもない
一人称なのに思考のすっ頓狂さに笑いました。

それに、今回は、前巻ではよくわからなかった兵頭の
性格や過去が浮き彫りになりました。その中で、
兵頭のヒーロー兼ヘタレというギャップに萌えました!
芽吹が嫌がるシチュエーション(他人に見られる状態)を
自分で用意しておきながら、芽吹が感じはじめてきたら
芽吹愛しさにその他人にイラついて「見るな」と言ったりと、
ヘタレっきりでもなく、かっこよすぎるわけでもなく、
兵頭の性格のバランスが絶妙でした。
ヘタレというより色ボケならぬ芽吹ボケなのかも……。

榎田さんの作品のなかであまり出てこないヤクザですが、
ラブトラシリーズの沓澤×核に続き、兵頭×芽吹も
かなり好きなカップルになりました。
続編のほうが面白かったって珍しい経験をしました。


過去に色々と悪いことをしていたらしい裏ボスのさゆりさんも、
でこぼこコンビのキヨと智紀も良かったです。くっ、私が身長差に
弱いと知っての狼藉ねッ!(わしの弱点は108つあるぞ)

まだ続くそうで、本編でもスピンオフでも続きが楽しみです!

P.S.んでもってこれもCDにならないかな…。
| [BL・小説]榎田尤利 | 21:33 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:33 | - | - |