-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< BLCD聴了メモ@2008.11.5 | main | カオスな本屋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『ようこそ。』/谷崎泉(高城たくみ)
「3Pアンケート」、現時点で79も回答を頂きました。
ありがたいことです、ご回答ありがとうございます!

回答してやってもいいよ、という方は来週末まで
やっておりますので、宜しくお願いします〜。

さて、今日の作品は、四十路オヤジ受けです。
四十路オヤジってなんだか語呂が良いですね。
けれど、作品にはちょっとイラッと来ました。

あまりないですが辛口めの感想です。
お嫌いな方は右回れ右でお願いします。




『ようこそ。』/谷崎泉
海王社 (2008/10/28)
【Amazon】



☆あらすじ
堅実だけれど冴えない独身四十男の大黒谷(だいこくや)正広は、
ふとした事から、ひとまわりも年下で天然のゲイ・西舘ステラの
世話をあれこれ焼くハメにになる。元モデルで超美形だけれど
怠け者のステラに振り回されっぱなしだが、次第にステラの
純真さに惹かれるようになっていって……

*   *   *   *   *   *

結婚できないんじゃなくてしない、という描写がとても的確でした。
仕事もそれなりにできて、家事もひとりなりにできる、
それで澄んでしまうようになると、ひとりのペースで、
ひとりですごすほうが楽だったりするんですよね。
今結婚しない人の多くってこうなんじゃないのかな?
必死こいて結婚できない!って人のほうが少ない気がします。

そんなオヤジの懐にさっと入って、一緒にいる非日常が
日常になる、という描写も自然でよかったです。
寂しいなんて思ってなくても、人とのつながりがあると
ないのとではまったく違いますもんね。
ほだされて好きになって、地味ながらこっちの世界へ
「ようこそ。」という展開は良かったと思います。

しかし、ムカついた人間と主張が描写されていたのです。

ひとりめはオヤジ・大黒谷の母です。
息子がホモと聞いて、乗りこみ問いただしにくるのです。
それは別にいいのですが、しかし、彼女が言いたいのは
「どれだけ自分が恥ずかしい思いをしたか」、
「私がどれだけ辛い思いをしているか」ということで、
息子の心配をするのではなく、自分のことなのです。

息子に幸せになってほしいがために結婚を勧めているのに、
どうして、まず、今の息子が幸せかどうかを聞かないのか、
不思議でなりませんでした。ひとづてに聞いてショックだとか、
冷静になれないからだとか、そういう要素もあるでしょうけれど、
逆を言えば、取り繕えていないこれが本音なのでしょう。
なんともエゴイスティックで不愉快でした。

ふたりめは大黒谷の見合い相手です。
ゲイの痴話喧嘩に巻き込まれた大黒谷を見て、
大黒谷をゲイと勘違いし、「見合いで酔って、
醜態をさらした自分とお互い様」と軽口を叩きます。
ちょっと待った、どこがお互い様なのでしょうか?
見合いのあとで絡み酒してトイレでぶっ倒れて
迷惑をかけた人間と一緒にされたくねえ……!
もともと互いに気の進まない見合いだったのに
ゲイだろうがストレートだろうが、影響ないでしょうに。


しかも大黒谷は主張は否定せず誤解だと言うばかりで、
母に対しては「俺はホモじゃない」宣言もしてしまいます。
このセリフは恋愛対象が元々の嗜好と異なるけれど、
それでも好きだ、と受に言うから重要なのに、
これでは単なる保身で言い逃れにしか聞こえません。
(ステラはこれを聞いてよく冷めないなと思った)

たとえ、オヤジや周りの人物がこんな思考でも、
乗り越えてラブラブになるんですよ、という対比で
盛り上がるのだとしても、それまでの気分が悪かったです。

谷崎さん自身がどうかは知りませんけれど、
現実世界と乖離しているとはいえ、ゲイを扱っているのに
ゲイに対して無神経なんじゃあないでしょうかね……。

否定的な意見が多くてすみません、でも、あー、
すっきりした。だって私正直娘だもん。(by 恩田レイ子)

というわけで、私個人としてはオススメしませんが、
気にならない方はオヤジ受として楽しめるかもしれません。
| [BL・小説]その他の作家・混合 | 22:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:20 | - | - |