-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カオスな本屋 | main | 『死者の声はささやく』/いおかいつき(亜樹良のりかず) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『甘い融点』/崎谷はるひ(志水ゆき)
本当に今日は寒い!ついに冬物のセーターを
引っ張り出して着込んでぬくぬくしてました。

そんな中でも荷物を持ってきてくれる宅配便のオジさん、
あちらにとっては仕事とはいえありがたやありがたや。
中身は、3Pものの調査をしていたら衝動的に欲しくなって
ポチってしまったBL本だらけとは想像だにしないだろうなあ。

さて、今日ははるひんのはっちゃけ本の感想です。




『甘い融点』/崎谷はるひ
【Amazon】
幻冬舎 (2008/9/16)


☆あらすじ
風俗チェーンの社長橋爪恭司(はしづめきょうじ)が助けたのは、
ヤバい客に殴られていた遠矢陸(とおやりく)だった。
彼氏に頼まれ、ウリをやろうとしていたわりには無知な陸に、
なりゆきで恭司はそのやり方を教えることに。
恭司だけに「仕事」をする契約を結んだ陸は恭司に惹かれはじめ、
一方恭司も、陸をかわいいと思い放っておけず……

*   *   *   *   *   *

なるほど……、某腐男子さんが途中で断念した、と
言っていた理由が読み終わって分かりました。
この話、はるひんでも最もはっちゃけてます。

風俗業界の内情、それからゲイのAセックスの
面倒くささを含め、こってりと描いています。
それに加えてエロエロすぎました。
はい、恒例で調べてみました、濡れ場のページ数は、
書き下ろしの分を含めて、133/383ページ、約3分の1でした。
しかも陸のオナニーシーンと陸のカレシとのシーンは
数えていませんので、『SUGGESTION』といい勝負です。

リアルに近づいた描写といい、濃厚なエロの量といい、
確かに人を選ぶかもしれません。こういったリアルに
近づけようとするアプローチは賛否両論でしょうが、
尊重している感じがしたので私としてはセーフでした。
(『不機嫌で甘い爪痕』も大丈夫だったし)

また、はるひんのおバカな受けはあまり得意でないので、
陸にはちょっと引きかけたんですが、アホな行動をするのも、
榎田尤利さんの『獅子は獲物に手懐けられる』で登場した
横暴男にも勝るとも劣らぬ陸のカレシに逆らえないのも、
育ってきた環境によるものが大きいとわかったので、
今回はイラつくというより不憫に感じてしまいました。

恭司と出会えたことで、不幸な盲目状態が解消されて、
純真さだけ残るようになれば良いなと思います…。

あまりいい環境とはいえない環境で育った恭司も、
「女性を売る業界ゆえに尊重する」という家訓のおかげで、
陸を汚いだとか思わない、まともないい男に育ったわけですし、
やっぱり教育環境って大事ですよね、うん。


あと、はるひんにしては珍しくシモなギャグがあり、
『もっこりひょうたん島』『ちんちん電車でゴー!』には
笑わされてしまいました。(どちらも恭司の経営店の候補名)
このギャグと言うかノリは嫌いじゃないなあ。

というわけでひとによっては地雷になるかもしれませんが、
私としては楽しめた作品でした。エロ好きだしね!

P.S.
ちなみに『『もっこり〜』らを提案したセンスの持ち主で、
元ヤンで今は恭司の右腕である渋沢も美味しいキャラです。
スピンオフになってもおかしくないですね。というか、
陸のカレシをぎったぎたに貶める話が読みたいです(笑)
| [BL・小説]崎谷はるひ | 19:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:59 | - | - |