-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『甘い融点』/崎谷はるひ(志水ゆき) | main | 『吸血鬼と愉快な仲間たち 3』/木原音瀬(下村富美) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『死者の声はささやく』/いおかいつき(亜樹良のりかず)
深夜にAmazonを徘徊していたら、いつのまにか籠の本が
てんこもりになっていた、ってよくある経験ですよね。
重さが無いから物欲だけが突っ走って、
量の実感がわかないんですよね。
しかもこんなことにも気づかないんですよね。

1冊誰か要りません?

またやっちゃいました。しかもキャンセルしようにも、
もう発送されていて不可能。仕事速すぎるよAmazon!

さて気を取り直して…。ひさしぶりにいおかさんの感想です。




『死者の声はささやく』/いおかいつき
徳間書店 (2007/9/25)
【Amazon】


☆あらすじ
死者の体に触れる時、その最期の言葉が聞こえる――
そんな特殊な能力を持ち、誰にも理解されることなく、
孤独に死者の代弁を続けていた監察医の修吾は、
ある事件現場で一匹狼の刑事・垣内と出会うことに。
垣内は、初対面からなぜか修吾の能力を信じ、
殺人事件への捜査協力を要請してきて……

*   *   *   *   *   *

設定からわかりますように、サイコサスペンス風でして、
BLを抜いてミステリ要素を加えたら、なんとなく
宮部みゆきさんが書きそうな設定でもあります。

これ、BLCDにすごく向いてるんじゃないでしょうか。
いおかさんの持ち味であり不安要素でもある薄味さは
相変わらずでしたが、それが暗くなりがちな事件を
うまく中和していて、深刻な展開にもなりすぎません。
私の苦手な喘ぎシーンもそう多くはなく、
物語の長さとしてもぴったりだと思う。

解剖の知識は椹野さんなどに比べるとどうしても弱く、
シリアスなものを求めていたら物足りないでしょうけれど、
ちょうどよく受けが事件に巻き込まれ(自分から足をつっこみ)、
攻めがぶっきらぼうながらちゃんと助けるところは助ける、
まとまった2時間サスペンスBLでした。(褒め言葉)
ラヴァーズでも刑事&科捜研のコンビを書かれていますが、
私はちょっとオトナなこちらのペアのほうが好みかな。


で。もちろんオヤジスキーとしては、35歳にして
だいぶオヤジ臭い垣内も攻めとして充分いいのですが、
その父親が、好みすぎて頭おかしくなりそうでした。

17歳で子供をつくったうえ、20歳のときに浮気、
垣内の母と死別後何度か結婚離婚をくりかえし、
50過ぎた今も肉食をする破戒坊主の生臭坊主という
やんちゃぶりがもうなんていうか大好きです。
お近づきにはなりたくないけど遠くから見るぶんには
こういう危険なタイプが大好きです。挿絵も素敵でした。
この五十路の生臭坊主でお願い1冊にしてくだせえ庄屋様!

あ、攻めも誠実でいいんですよ!
確実に父親の血は引いてますが、反面教師にしているため、
修吾と誠実につきあっていけそうないいカップルです。
でもあと15年近く経てば父親と似たような顔になるとして、
50歳の苦みばしった刑事×43のまだまだ美中年BL、
どうでしょう……私としては全然いけるんですが、腐腐腐。


1つ、けちをつけるなら、垣内が修吾の能力を信じる理由が
寺の息子だから、というのはちょっと……。そのおかげで
生臭坊主が登場したから良いんですが、ちと苦しいかな。

それが気にならなさそうであれば、軽めの
2時間サイコサスペンスBLとしてオススメします。
| [BL・小説]いおかいつき | 21:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:32 | - | - |