-News&Notice-
【2011年BL系感想一覧ページ】

【このブログについて】
リンクフリー。
コメント大歓迎。過去記事でも大歓迎。
・ただしスパムや中傷は削除します。

・全然つぶやいてないけどつぶやいてます。
Twitter
ツイッタータイムラインブログパーツ
-Profile-
-Others-
-Dokusho meter-
-mail form-
6000文字まで送信可能です。
お返事は必要があると判断したものだけ、
不定期にまとめてお返しいたします。
Powered by SHINOBI.JP
- 年間ベスト作品 -
東京心中 上 (EDGE COMIX)
東京心中 上 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
トウテムポール
2013年マイベストコミック。
はじめは装丁に惹かれて。
過酷なTV業界は仕事に恋に
ひたむきな若人が支えています。
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310)
交渉人は休めない~榎田尤利100冊記念特別版~ (SHYノベルス310) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2013年マイベスト小説。
早2年、また芽吹たちに合えました。
生きていることの大切さを
感じさせる彼らの営み。
それだけでベストなんですよ!
空と原 (EDGE COMIX)
空と原 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2012年マイベストコミック。
分別つくオトナだって、
まっすぐに恋をする権利はある。
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫) (JUGEMレビュー »)
凪良 ゆう
2012年マイベスト小説。
阿木のいい意味での雑な扱いと
相反する絶妙な距離の取り方に
加瀬のみならず心癒されました。
交渉人は愛される (SHYノベルス)
交渉人は愛される (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2011年マイベスト小説。このシリーズを
通して読んできて、本当に良かった。
完結なのが寂しいですけれど、
また芽吹達にいつか会いたいです。
真昼の恋 (ショコラコミックス)
真昼の恋 (ショコラコミックス) (JUGEMレビュー »)
草間 さかえ
2011年マイベストコミック。
どうということもない日常と恋、
そこに漂う空気が素敵です。
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
シリーズ3冊で2010年マイベスト小説。
この『交渉人〜』世界の住人、
ひいては世界そのものが好きです。
卒業生-春- (EDGE COMIX)
卒業生-春- (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2010年マイベストコミック。
『同級生』の王道がより一層
輝いて帰ってきました。
ぜひ冬と一緒に一気読みを。
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)
放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う) (JUGEMレビュー »)
烏城 あきら
2009年マイベストBL小説。
ワーキングの素晴らしさと
3年ぶりでも色褪せぬ面白さ。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
もう別格と言ってよい2009年の
マイベストコミック。
ドロドロの執着愛なのに美しい。
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (ホリーノベルズ) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2008年マイベスト小説。
攻めに苛ついてもノンストップ、
下巻の最後まで手が止まりません。
同級生 (EDGE COMIX)
同級生 (EDGE COMIX) (JUGEMレビュー »)
中村 明日美子
2008年マイベストコミック。
シンプルさの中に、これぞBL!
という萌えが詰まってます。
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬
2007年マイBL小説 No.1。
まだラブまで辿り着いていなくとも、
趣のある味わいが絶品です。
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス)
どうしようもないけれど 2 (2) (ディアプラスコミックス) (JUGEMレビュー »)
夏目 イサク
2007年で一番萌えたコミック。
オヤジ・ツンデレ・リーマンが
ぎゅっと詰まった作品。
檻の外
檻の外 (JUGEMレビュー »)
木原 音瀬, 草間 さかえ
前編『箱の中』と合わせて
2006年のSS級作品。
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫)
夏の塩―魚住くんシリーズ〈1〉 (クリスタル文庫) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2006年SS級作品のひとつ。
このシリーズは涙なくして読めません。
落語家シリーズ 花扇
落語家シリーズ 花扇 (JUGEMレビュー »)
剛 しいら
2006年SS級作品のひとつ。
人の情を感じさせる。
永遠の昨日
永遠の昨日 (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
2005年のベストワン。
BLでもっとも泣いた作品かもしれません。
生と死の難しさを考えさせられます。
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS)
今宵、雲の上のキッチンで (B-BOY NOVELS) (JUGEMレビュー »)
ひちわ ゆか
2005年のベスト2。
コメディではないのに笑えます。
何度も読み返してしまう良作。
2008年の新装版です!
ニューヨーク・ニューヨーク (1)
ニューヨーク・ニューヨーク (1) (JUGEMレビュー »)
羅川 真里茂
私の人生を変えた一冊。
ゲイの哀しみ・喜びを教えてくれた一冊。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『死者の声はささやく』/いおかいつき(亜樹良のりかず) | main | 積読とトンチキ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『吸血鬼と愉快な仲間たち 3』/木原音瀬(下村富美)
約1年前ほど、前巻の感想(こちら)を書いたときに、
木原音瀬さんの積読消化に1年はかかると書いたのですが、
さて、1年経った今はどうなったかといいますと、
24冊(新旧版重複を抜くと20冊)になりました。あれ?

……統計とか平均とか、そんなもので人間の行動を
はかろうとするだなんて、1年前の私はなんて浅はかで
愚かなんでしょうねえ、まったく。困ったものです。
ああ、ほんと死ぬまでには読まなくちゃ。

さて、待ちに待ったあげく、もしや今回もナシなのか?と
危惧していた吸血鬼の3巻の感想です。




『吸血鬼と愉快な仲間たち 3』/木原音瀬
蒼竜社 (2008/10/29)
【Amazon】



☆あらすじ
ドラマのロケでアメリカに行けることになったアル!
喜んだのもつかの間、夜しか人間の姿に戻れないアルは、
みんなと一緒の飛行機には乗れない…。そんな時、
ラッキーなことに暁も所用でアメリカへ渡るという。
アルは暁に空輸してもらえるよう、お願いするのだが…

*   *   *   *   *   *

やっぱりなかったあああ!
3巻まで来て攻め受けもキスシーンもないだなんて!
でも面白いから文句も言えない!

えー、気を取り直して。恋愛部分は今回も進展なく、
吸血鬼と暁の愉快なアメリカ珍道中でした。

アメリカに帰るきっかけになったのはアルのドラマ出演ですが、
暁が動かされ、私も動かされたのはきっとここでしょう。

「そう シカゴでさつえい ネブラスカちかい
ぼく パパとママ あいたかった」(P.30)
はや30ページで泣きそうになったのは初めてじゃなかろうか。
(パパとママに会いに行くシーンとそのあとの暁との
会話はさらに泣きそうになりました……。)

がっちりとここでもう本に心をつかまれつつ、控え室で
津野に全裸でいるところをまたもや見られたアルの言い訳に、
通勤電車の中でひとりにらめっこをするはめになりました。

「ぼくとあきら にゃんにゃん してない!」(P.46)
「にゃんにゃん」を覚えたくだりでも吹き出しかけたのですが、
これは反則級の可愛さとおかしさだろう、アル!

日本でもアメリカでもこうやって誤解される暁は可哀そうですが、
それもまたシニカルなユーモアになっていて面白いです。
というかもう誤解どおりになっちゃおうよ。


他にも人間に変身してしまったせいで困ったりと、
かなりコメディのほうに傾いていましたが、
後半ではもうひとりの吸血鬼・キエフとの会話により、
アルの暁への強い思いが浮かび上がってきます。

どんなに痛い思いをしても、血を吸えないハンパものでも、
それでも暁といられる道を選ぼうとするアルが、
ひどくバカなようで、けれどもひどく愛おしく感じます。
固執したいものがあるのは、永遠の命を持つ者にとって
残酷だけれど幸せなのかもしれないですね。


暁もなんだかんだ言ってアルを父親代わりの人間に紹介したり、
アルの望みを叶えさせるほどにはアルに心を許しているし、
強い精神の結びつきがゆっくり、がっちりとしていくのが
さらによくわかった3巻でした。

これはこれでいいのかもしれな……いですけれど、
それだけ絆が強くなったなら、その先も見たい、
と言うのは強欲なんでしょうかね。
4巻こそはラブの片鱗ぐらい見せてほしいものです。

んもう、ほんとに通勤中だろうと風邪引いていようと、
他のことを忘れてしまうくらい楽しく読めました。
まだお読みでないようでしたらぜひ!オススメです。
| [BL・小説]木原音瀬 | 21:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:08 | - | - |